ルパン三世 カリオストロの城 クラリス宮崎駿監督の『ルパン三世 カリオストロの城』4D版の公開記念舞台あいさつが行なわれ、声優の島本須美さんが登壇しました。
同作でヒロインのクラリスを演じた島本さんが、個人的に好きなセリフとして、「おじさま、私も連れてって。泥棒ならできないけれど、きっと覚えます。お願い、一緒に行きたい!」と生披露すると、観客席から「おおー!」というどよめきと大きな拍手が湧き起こりました。



1979年に公開された本作でのアフレコの苦労を聞かれた島本さんは「今年でデビュー40周年。当時、(声優になって)1年生で右も左も分かりませんでした」と振り返り、「一番のミス」として、島本さんが自分の出番がないと思って昼食に行ったところ、収録の一部が終わってしまったと説明しながら「(共演者から)白い目で見られました。その後、やりづらかった」と明かし、苦笑い。キャリア40年の中で、一番印象に残っているキャラクターを質問された島本さんは「クラリス。きょうはクラリスです」と笑顔を見せました。

宮崎監督との思い出も聞かれ、「当時は、監督と直接お話をする機会がなかった。『風の谷のナウシカ』の時に、地方を一緒に回る機会があって。その当時、『おしん』がはやっていて、アニメも同じ時期に封切りされていた。監督に『ナウシカは泣く人いますね』みたいなことを言ったら、『泣きたい人はおしんに行けばいいんですよ』っておっしゃっていたのが印象的で。(ナウシカは)泣かせるためのアニメじゃないんだって、そのとき再認識しました」と明かしています。

『ルパン三世 カリオストロの城』4K ULTRA HD Blu-ray
映像特典に、4K HDR・4K SDR比較映像、『ルパン三世 カリオストロの城』スポット集を収録

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事