高畑勲をよむ: 文学とアニメーションの過去・現在・未来「高畑勲をよむ: 文学とアニメーションの過去・現在・未来」が発売されました。
本書は、高畑勲さんのインタビュー、小田部羊一さん・中三島順さんの座談会が収録されたほか、文学者を中心とする充実の論考集という、読み応えのある内容となっています。



目次

・シンポジウム 「高畑勲の“世界”と“日本”」高畑勲氏インタビュー「新しい表現には、まだまだ先があるはずだ」
・座談会 小田部羊一さん、中島順三さんを囲んで 高畑勲さんとアニメーション制作という仕事
・高畑勲の“日本” 火と幽霊―『火垂るの墓』のアニメーション化について
・個を持った少女の憂愁―『おもひでぽろぽろ』『かぐや姫の物語』の時間の表象
・走る女と忘れられた帝―『竹取物語』から『かぐや姫の物語』への継承と乖離
・「五コマ目」を紡ぐ―四コマ漫画『ののちゃん』から『ホーホケキョとなりの山田くん』へ
・物語・風流・浄瑠璃―芸能から読む『平成狸合戦ぽんぽこ』
・『平家物語』読者としての高畑勲―アニメーション映画監督としての感性
・高畑勲と“世界” 桜井利和旧蔵ハイジ関連資料
・マルコはハイジと夢を見る―高畑勲による海外児童文学のテレビアニメ化とその演出
・放送劇音楽としての『母をたずねて三千里』付随音楽
・「わたしはおうきくなりたくない」―アストリッド・リンドグレーン『長靴下のピッピ』における赤毛と靴と長靴下
・高畑さんからひとこと
・ブックガイドから見た「世界」の「文学」―無着成恭の選定と岩波・福音館の児童書
・幻燈劇としてのゲーテ『ファウスト』―視覚文化史をみわたしつつ
・高畑勲とフランス文学―『ことばたち』と『木を植えた男を読む』をめぐって

高畑勲をよむ: 文学とアニメーションの過去・現在・未来
かぐや姫が野を走り、ハイジがブランコに乗り、山田くんは空を飛ぶ、古典の再創造と高畑勲の世界。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事