なつぞら キックジャガーNHKの連続テレビ小説、朝ドラの『なつぞら』に登場したテレビアニメーション『キックジャガー』のキャラクターデザインと作画は、ベテランアニメーターの大橋学さんが手掛けていたことが明かされました。
キックジャガーは、主人公なつが作画監督に抜てきされたテレビシリーズとして描かれ、劇中では人気作品として大ヒットするというもの。



キックボクシングを題材にした格闘技マンガが原作で、孤児院出身の主人公が、正体がバレないようにジャガーの覆面をし、孤児たちのために戦うという内容で、必殺技は「ダブル真空跳び蹴り」と、『タイガーマスク』と『キックの鬼』をネタ元にしたと思われる作品です。

大橋さんは東映動画出身で、1969~1971年に放送されたテレビアニメーション『タイガーマスク』で実際に作画を担当しました。同アニメでキャラクターデザイン・作画監督を務めた故・木村圭市郎さんの弟弟子であり、今回の『キックジャガー』は、木村さんのスタイルを目指して制作したといいます。

連続テレビ小説 なつぞら Part2
連続テレビ小説『なつぞら』、番組後半を徹底ガイド

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事