『風の谷のナウシカ』に登場する、メーヴェの実機を作った方がいます。
グライダーにエンジンを搭載して飛んでいます。これは凄い……。
いつナウシカみたいな人が現われても大丈夫ですね。



宮崎駿監督作品のアニメ『風立ちぬ』が公開中の今、千代田区の3331 Arts Chiyodaメインギャラリーでは、飛行機に関する展覧会が開かれている。

やはり宮崎作品の『風の谷のナウシカ』で、主人公の少女ナウシカは“メーヴェ”という乗り物に乗って空を自由に飛び回る。「メーヴェを作ってみたい」と考えたメディア・アーティストの八谷和彦さんは、10年の歳月をかけて本当に自家用飛行機を作ってしまった。

ギャラリーでは、小さな模型から始まり、実際にテスト飛行をするまでの「Open Skyプロジェクト」が紹介されている。エンジンを搭載したM-02JとグライダータイプのM-02の2機の飛行機、テスト時の映像、資料や関連する作品を見ることができる。

3331 Arts Chiyodaメインギャラリー
会期:7月13日~9月16日
時間:12:00~19:00(入場は18:30まで)
休館:毎週火曜日、8月13日~16日休み。
料金:大人500円、大学生・高校生300円、中学生以下無料


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事