謹賀新年2019

スタジオジブリ ゆび人形明けましておめでとうございます。
2019年になってしまいました。早いもので、本年は東京オリンピックの前年となります。だからなんだという感じですが、2016年に放送された「終わらない人 宮崎駿」の中で明かされた、宮崎監督の新作のスケジュール表では、当初2019年完成予定とされていました。



NHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」

現在明かされている新作の情報はといいますと、絵コンテはまだ完成していないようで、鈴木敏夫プロデューサーもスケジュールを設けることなく、時間とお金をかけて、好き放題に作ってもらっているようです。鈴木さんも、「盛大に遊ぶ」と公言しています。さすが御大。もうビジネスのことを考える必要もなくなったようです。
おそらく、ほんとうに最後となる宮崎監督の長編作品。心ゆくまで出し尽くしてほしいです。

そして、できれば、ジブリ美術館用の短編作品をあと2本作ってください。そうすると12本揃います。
『ポルコ・ロッソ 最後の出現』と、『東京汚穢合戦』が良いですね。
最後の最後となる宮崎作品は『東京汚穢合戦』という、世間がずっこけて、大笑いで終わるという展開を期待しています。

さて、わたくしの与太話は置いておいて、本年はマンガ版『風の谷のナウシカ』の歌舞伎舞台と、宮崎監督が『雑想ノート』内で描いた『最貧前線』の舞台が公開されます。こちらも楽しみですね。


ジブリ情報配信中



関連記事



1 Comment

  1. 短編映画なら個人的に「名探偵芥川龍之介対夏目漱石」と「隅田川で船頭が助けた話」があったらなと思います。
    欲を言えば、映画化を空想していると何度か話した「三びきのくま」も。
    ポルコの話は漫画化の方が向いているかなって。
    鉄砲侍はどうなったのだろう?
    長編で多忙なのでしょうが、未だに何か進展がないか気になっています。
    アニメーターになる前、大長編の書き出し数千枚の未完成の漫画があったみたいだから、それを生かしたナウシカ並みの長編に鉄砲侍も!!と期待しています。

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2019 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑