先日、『猫の恩返し』に出てくるケーキ屋さんのモデルとなったお店に行ってきました。東京・高円寺にあります。
作中で、ハルが子猫のユキにプレゼントしたクッキーを「おさかなクッキー」として、実際に作られているんですよ。
お店を経営してらっしゃる方は、最初はモデルになっていることを知らず、あるときお客さんから知らされて、驚いたんだそうな。



『猫の恩返し』が公開されたのが、お店を始めて10年目のことだったのだとか。
突然、お店にジブリファンの人が訪れるようになり、驚いたそうです。
先日の、『猫の恩返し』が放送された翌日も、お客さんが大挙押し寄せて、「おさかなクッキー」は完売。知人に手伝ってもらって乗り切ったとのこと。
ひとりで経営してらっしゃるので、大変なこともあるそうです。

 

ただ、ジブリファンの人が来てくれるのは嬉しいとのこと。九州や北海道など全国から、ジブリ巡りをしたファンの人が、こちらのお店に来るそうです。
ジブリファンの人は穏かな人が多く、気を張らないですみますね、とおっしゃっていました。

 

お店の中には、カウンターと窓際に席があり、くつろぐこともできます。この日は、常連さんもいらっしゃいました。
お店を経営しているママさんが、とても気さくな方なので、ずいぶんとお喋りを楽しんでしまいました。
当初の目的を忘れて、あれ、何しに来たんだっけ? という状態に。
そうそう、「おさかなクッキー」を買いに来たんです。

 

「おさかなクッキー」は、ばら売りから、箱のセットで大・中・小とあるので、予算に合わせて買うこともできます。
当初は、映画に出てきたのと同じような箱を使っていたそうです。現在は、その箱が製造しなくなって別の箱です。でも、これもカワイイ。
箱には、おさかなクッキーのシール付き。
ちなみに、このシールのイラストも、監督の森田宏幸さんが描いたもののようです。

 

直筆のものが、額に入って飾ってあります。

 

「このシール、レアでしょ~。あげる~」とママさん。
未使用のシールを一枚いただきました。
ありがとうございます~!

 

現在のお店は、モデルになったときとは別の場所に移転しています。
ですが、モデルに使われた建物も現存していますので、見ることはできます。
『ジ・アート・オブ 猫の恩返し』の表紙になっている建物が、こちらですね。
うーん、そっくり!

 

また、行かねば。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事