CG短編『毛虫のボロ』は作り直しで公開が遅れる!

毛虫のボロ12月10日にTOKYO FMで放送された『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』のなかで、短編作品の『毛虫のボロ』が作り直されていることが明かされました。
『毛虫のボロ』は2017年夏に一旦完成とされたものの、公開されておらず、その理由はこれまで明かされていませんでした。



正確には、放送のなかで作品タイトルが明言されたわけではありません。
しかし、話の内容から、やり直している作品は『毛虫のボロ』であると思われます。

これまで、公開されずにいた理由は、ファンの間でも宮崎監督が手直しをしているのだろうと、推測されていました。
今回の鈴木さんが明かした内容によって、まさにその通りになっていたことが判明しています。

「そういうこともあるだろう」

鈴木:
映画監督って、近くで見てるとわかるけど、やっぱり妥協の連続なんですよ。
最初に思ったことの30%、40%を達成できるかっていうこと。彼らの考えていることっていうのは、それぐらい凄いんでね。
だから、つい昨日から今日にかけてなんですけど、小っちゃな作品を作ってね、ほんとうは完成したんですよ。完成したけれど、ぼくが観たときに「う~ん……」と思ったんですよね。ちょっと、どうかなぁ、って。そしたら、宮崎も同じことを考えてて。

そしたら、昨日ね「鈴木さん、あれやり直しましょうか」っていうから、「そうですね、やり直しましょう」って。こういうときは、パッとやり直すんですよ。

それで、今朝、打ち合わせてね、「じゃあ、人も変えますか」って言って、「そうですね」って。今朝からお昼にかけての話なんですけど、その間にその人のところに、ぼくは連絡取っちゃうんですよね。

それで、「鈴木さんと相談して、こうなったから」って、「これから連絡取るんで」って(スタッフに)説明するから、「ぼくがもう連絡取ったんで」って言ったら、「相変わらず早いね」って。早いんですよ、ぼく。

そういうことしたら、ある人がかわいそうだとか考えないですね。しょうがないやって。そういうこともあるだろうって。

このラジオ収録がいつ行われたものかわからないので、現在もなお『毛虫のボロ』が未完成かどうかはわかりません。

先日、ジブリの星野会長が韓国の記者団に、「CG短編の公開は2018年ごろ」と明言しているので、CGパートがすべて削られたわけではないはずですし、2018年の公開も目途がついているものと思われます。
が、なにが起きるかわからないのがスタジオジブリ。果して、2018年中に公開されるでしょうか。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事



9 Comments

  1. このインタビューは朝日新聞の9月1日掲載の記事ですから、その前に収録されたものだと思います。

    • 管理人

      2017年12月12日 at 5:19 PM

      情報ありがとうございます。
      9月前の収録ということは、やっぱり一旦完成して間もない頃ですね。

  2. ひえ~っ。 >“今朝、打ち合わせてね、「じゃあ、人も変えますか」って言って、「そうですね」って。今朝からお昼にかけての話なんですけど、その間にその人のところに、ぼくは連絡取っちゃうんですよね”

  3. スケジュールボロボロ

  4. 一年くらい前に見たNHKスペシャルでは宮崎駿が新しいスタッフ達と「ボロ」のCGアニメに挑戦していて、それはあまり上手くいってるようには見えなかったけど、彼らがみんなクビとか考えると他人事ながら胃が痛い。

  5. 手書きに変更したんじゃねーだろな??

  6. こいつら何から何まで嘘つきだな。こんな耄碌爺さんにこき使われた挙げ句捨てられた櫻木氏もただただ哀れとしか言いようがない。

  7. 2日前のインスタグラムにジブリ美術館で試写会が行われたと書かれてましたよ。

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2018 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑