となりのトトロ宮崎駿監督の『となりのトトロ』が今月から中国で上映され、人気を集めています。
興行収入は1億8000万元(約29億7000万円)に達することが予想され、中国メディアは「大人は幼い時の純粋な記憶を見ることができる」などと快進撃の理由を分析しています。



今回の『となりのトトロ』は日本で1988年に公開されてから30年が経っており、デジタルリマスター版が公開されています。
中国の人民日報・電子版は「あどけないキャラクターたちにかわいい精霊、そして澄んだ心の人にしか見えないというトトロが、幻想的な童話の世界を展開している」と紹介。「作曲家・久石譲のオリジナルサウンドトラックがウキウキした気分を盛り上げ、心に響くメロディーに観客はファンタジックな世界へと引き込まれていく」と報じました。

北京日報によると、興行収入に貢献している主力は親子での鑑賞。映画館の担当者は「同時期に上映している米アニメ映画『グリンチ』と比べても、圧倒的に知名度が高く、アジアの作品であり、トトロ人気は『ドラえもん』にも劣らない。トトロは親の気持ちを満足させ、見終わると親子共に満足できる」と話しました。

中国の著名ウェブサイト・猫撲は、「となりのトトロ」が大きな人気を集めていることに関連して、「どうして日本のアニメは中国でこれほど好かれるのか」とする文章を掲載。「日本アニメが世界のアニメ業界におけるリーダー的地位を確保していることは否定できない。米国は3Dアニメを盛んに制作しているが、日本の2次元アニメは画面が繊細かつ自然で美しく、3Dよりも親近感を覚える上、ストーリーもより人間的で自然なものが多いことが魅力になっている」と解説しています。

ジブリの教科書3 となりのトトロ
あさのあつこ、半藤一利ら豪華執筆陣が、不思議な魅力に満ちたトトロの秘密を解き明かす。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事