「豊島屋十右衛門」鈴木敏夫ラベル酒類を販売する豊島屋本店にて、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーとコラボした日本酒を発売開始しました。
商品名は「豊島屋十右衛門」で、鈴木プロデューサーがラベルの題字を揮毫しております。
ジブリファンを中心に拡販を目指しているようです。



同社の酒蔵は東京都東村山市内にあり、『となりのトトロ』のモデルとなった狭山丘陵が近いことなどから縁ができており、ラベルには宮崎駿監督が手がけた印稿も載せられています。

720ミリリットル入りで、小売価格は2052円。2000本の限定品とし、豊島屋の通販サイトなどで扱われています。


ジブリ情報配信中



関連記事