LINEスタンプ『借りぐらしのアリエッティ』この度、新登場したスタジオジブリの公式LINEスタンプ『借りぐらしのアリエッティ』のイラストを、米林宏昌監督が自ら描いていることがわかりました。
ジブリから監修依頼を受けた米林監督は、全40種あるスタンプデザインを確認していくうちに、文字と共にイラストも描き加えていきました。



米林監督は「監修を頼まれたのですが、チェックするとなると『この人物はこういうことは言わない』『こういう表現はさせたくない』とか浮かんできて、自分で描くことにしました。アイデアも含めて、これなら作品の雰囲気とスタンプでやろうとしていることを壊さず、みんなが使いやすい、楽しく使えるものになるんじゃないかというものを描きました」と語っています。

LINEスタンプ『借りぐらしのアリエッティ』

米林監督は、7月8日に公開される『メアリと魔女の花』の制作まっ最中で、まさに佳境に差し掛かるタイミングであったにもかかわらず、快諾しており、宮崎駿監督からは「長編製作中に何をやっているんだ。命をかけろ」と怒られたかどうかは、わかりません。

西村義明プロデューサーは、米林監督のLINEスタンプ作りについて「この描き直しのために4、5日かけています」と苦笑していたのだとか。

そんな多忙の合間で作られた、LINEスタンプ『借りぐらしのアリエッティ』好評発売中です。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事