宮崎駿監督が引退会見後、初めてテレビの取材に応じた様子が、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀 宮崎駿 引退宣言・知られざる物語(仮)』(18日放送 後10:00 総合)で放送されます。



同番組では、前作『崖の上のポニョ』と最新作『風立ちぬ』の2回にわたり、およそ7年に渡る密着取材を続けてきた。そのカメラは、引退に至るまでの宮崎の“心の軌跡”を記録することになった。そして、引退宣言後、初めて宮崎氏のアトリエを訪問し、宮崎氏の近況も伝える。

番組は、8月に同局で放送された73分の番組『宮崎駿スペシャル 「風立ちぬ」1000日の記録』では描ききれなかった「人間・宮崎駿」の闘いにスポットを当て、新たなシーンを盛り込んで48分の番組に再編集。なぜ今、引退宣言をしたのか。「ぼくは自由です」、その発言に込められた意味とは、何か。会見の2ヶ月前、完成試写会の直後にすでに公にしていた「覚悟の言葉」も紹介する。

プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿の仕事
番組は、宮崎が「最後の長編」と語る「ポニョ」の創作現場に300日にわたって密着。宮崎駿監督の創作の秘密と、知られざる素顔に迫るスペシャル版。2回に分けて放送された番組をDVD化。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事