OpenToonzドワンゴは、イタリアDigitalVideoが開発したアニメーション制作ソフト「Toonz」を買収し、オープンソースの「OpenToonz」として3月26日から無償公開すると発表しました。
長年「Toonz」を利用してきたスタジオジブリが、独自に開発した機能「Toonz Ghibli Edition」を搭載。『借りぐらしのアリエッティ』以降、すべての作品の仕上げ、色指定、撮影工程に使っている機能だという。



そのほか、ドワンゴの人工知能技術を使った「OpenToonz」向けのエフェクトや、誰でもエフェクトを追加できるプラグイン機能も新たに搭載し、無償提供するといいます。

スタジオジブリのエグゼクティブ・イメージング・ディレクターの奥井敦さんは、「1995年『もののけ姫』制作時に一部をデジタル制作するため、当時使用できたソフトから選定したのが『Toonz』です。混在させても違和感がなく、劇場クオリティでもストレスなく作業できることが条件でした。以降、メジャーバージョンアップも乗り越え、より使いやすく改良を重ねながら使用してきました。今回のオープンソース化にあたり、Ghibli Editionも提供できることになりました」とコメントしました。

DigitalVideo マネージングディレクターで、Toonz開発者のClaudio Matteiさんは、「Toonzをオープンソースプラットフォームにし、アニメーション業界に提供するというドワンゴとの契約は、Toonzを2Dアニメーション業界の標準にするというDigital Videoの戦略がひとつの到達地点に達したものと考えています」とコメントしています。

また、「OpenToonz」についての展示・説明会が、26日と27日に東京ビッグサイトで開催されるアニメーションのイベント「AnimeJapan 2016」のKADOKAWAブースで実施され、両日ともに「Open Toonz」を体験できるデモンストレーションが実施予定です。

さらに、26日には「アニメーション制作ツールのオープンソースプロジェクトについて」というセミナーが行われ、ドワンゴの川上量生さんのほか、東京大学大学院情報学環の岩澤駿助教やスタジオジブリのエグゼクティブイメージングディレクター奥井敦さんが登壇するとのこと。

AnimeJapan 2016

ビジネスセミナー「アニメーション制作ツールのオープンソースプロジェクトについて」
日程:2016年3月26日(土)
時間:11:00~11:45
登壇者:川上量生


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事