山本二三展スタジオジブリ作品で『天空の城ラピュタ』や『もののけ姫』をはじめ、人気アニメ映画の背景画を手がける山本二三さんの作品を集めた「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が新潟・新津美術館で実施中です。
来場者は緻密に描かれた二三さんの背景美術を堪能しています。



会場には、植物が石に生え、苔むした質感を描き込んだ「荒廃したラピュタ」の城や、屋久島で取材を行ない描かれた「シシ神の森」、『時をかける少女』のポスター画ともなった「青空の踏切」の背景画など約200点が展示されています。

同美術館を訪れた山本さんは、「若い頃と今の絵を比較して、自分がどう悩んできたかを楽しんで見てもらいたい」と語ります。会期は、6月7日まで。

日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展
~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女~

会期:2015年4月11日~6月7日
時間:午前10時~午後5時
場所:新潟・新津美術館

山本二三背景画集
「山本二三さんの美術」(高畑勲)/山本二三インタビュー/背景画の世界へ(作品集(背景、美術ボード)/技法と特徴)/「山ちゃんのこと」(宮崎駿)

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事