既にテレビCMも行われているように、「ニノ国」の発売日が発表されました。
ニンテンドーDS版(12月9日発売予定と)プレイステーション3版(2011年発売予定)。
自らが主人公になって、あのジブリの世界を自由に動き回ることができます。

二ノ国

再現された幻想的でヨーロッパ調の町並みは、『天空の城ラピュタ』(86)や『ハウルの動く城』(04)、『ゲド戦記』(06)に近く、果てしなく広がる緑や自然は、これぞジブリといった感じだ。また、素直で機械いじりが好きな主人公の少年オリバーは『天空の城ラピュタ』のパズーに似ていて、何事にも積極的で物怖じしないヒロイン・マルは『魔女の宅急便』(89)のキキのよう。不思議なキャラクター、ナミダの妖精シズクは『となりのトトロ』(88)の小トトロや、『もののけ姫』(97)のコダマ、『崖の上のポニョ』(08)のポニョを彷彿とさせる。つまり、本作は今までのジブリ作品の要素が満載なのだ。

■「二ノ国 漆黒の魔導士」(ニンテンドーDS)
12月9日(木)発売予定
価格:6800円※魔法指南書「マジックマスター」同梱

■「二ノ国 白き聖灰の女王」(プレイステーション3)
2011年発売予定
価格:未定


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事