まっしろしろすけ福井市内のカフェ「美術館喫茶室ニホ」にて、展覧会「スタジオジブリ・レイアウト展」あやかった新メニュー「まっしろしろすけ」の販売が始まりました。
こし餡と甘いミルクを合わせた白い汁粉に、白玉とマシュマロを浮かべ、フリーズドライのイチゴを散らしたスイーツとなります。



メニュー名の由来は当然のごとく、『となりのトトロ』に登場する「まっくろくろすけ」にちなんだもの。店主の岡本さんは「ジブリと聞き直感的にメニュー名が浮かんだ。軽いノリで取り掛かったが、市内にある製餡所のこし餡を使うなど福井とのつながりにもこだわった」と明かしています。

また、事前にスタジオジブリへ調理写真などを送って、ネーミングの「お墨付き」も得ている公認メニューです。

4年前に同館併設のカフェとしてオープンした同店では、展覧会内容に合わせた期間限定メニューを継続的に提供しており、岡本さんは「展覧会に合わせてわざわざ訪ねてくださる方もいて手応えを感じている。これからもノリと勢いを持ち味に、さまざまな期間限定メニューを作っていければ」と語りました。

「まっしろしろすけ」の価格は650円。2018年3月11日までの販売となります。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事