スタジオジブリ・レイアウト展 山口県立美術館山口県立美術館で開催されている「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展」の入館者数が5月6日で、3万人を突破しました。記念すべき3万人目となった来場者は、中国からの交換留学生の女性。同館の館長から、『となりのトトロ』のぬいぐるみと図録が、記念品として贈られました。



「スタジオジブリ・レイアウト展」は、4月20日に開幕し、来場者2万人を4日に突破したばかり。ゴールデンウイーク期間ということもあり、わずか2日間で1万人を上積みしました。

同展の会期は、6月18日までで、月曜は休館(6月5日を除く)となります。


ジブリ情報配信中



関連記事