「スタジオジブリ・レイアウト展」長崎展長崎ジブリイヤー第2弾として幕を開けた、長崎県美術館の「スタジオジブリ・レイアウト展」が9月3日に終了しました。先に第1弾として同市で開催された「ジブリの大博覧会」と合わせた両展の総入場者数は20万人を超えて、大盛況のうちに幕を閉じました。



最終日も開館前から約120人の列ができた。来場者は映画製作の設計図といわれるレイアウトの数々を熱心に見つめた。ジブリの大博覧会も観覧した長崎市大橋町の大学生は「ジブリの歴史から作品へのこだわりまで知り、作品を今まで以上に好きになった」と話しています。

「ジブリの大博覧会」は長崎歴史文化博物館が主催し、4月15日~6月25日にかけて同館で開催。県内の美術館・博物館で開かれた企画展で最多となる約15万人を動員し、両展を合わせた来場者数は約20万3千人に達しました。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事