浜松市の「ザザシティ浜松」で、6月19日から「井上直久新作発表展」が開催されます。
井上直久さんは、ジブリ作品の『耳をすませば』内の挿話「バロンのくれた物語」で背景画を担当した画家です。ジブリ美術館の壁に描かれた風景画も、井上さんが描いたもの。定期的に各地で自身の作品展示会を開いており、静岡県内でも人口の多い浜松で開催することとなりました。



展示作品は1980年代から現在までに描かれた約30点。架空の国「イバラード」のさまざまな風景は、井上さんが約40年かけて描き続けている作品。今回の企画では、森の中に線路が描かれた「森の停車場」や入り江の中に天高くそびえ立つ塔を描いた「塔の入り江2014」など、独創的な絵画を展示。「耳をすませば」で使われた幻想シーンの版画も用意する。
「ジブリ作品が好きな方には見応えのある展示会になっていると思う」とイベントの企画を担当する「アートラインフィールド」広報の菅原孝則さん。会場では版画などの販売も行う。

「井上さんの世界観がたっぷり詰まったイベント」と菅原さん。「独特な雰囲気の作品を味わいにぜひ足を運んでいただければ」とも。

井上直久新作発表展
日程:2014年6月19日(木)~6月22日(日)
時間:11:00~19:00(最終日は16:00まで)
場所:ザザシティ浜松 西館地下1F 特設会場
入場:入場無料

イバラード時間
宮崎駿をもその世界観に惹きこんだ、唯一無二の幻想美を再現。
スタジオジブリがキャラクターをアニメーションで描きこんだ秀作!

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事