アルプスの少女ハイジ高畑勲・宮崎駿が携わった『アルプスの少女ハイジ』の原画&アート展が、兵庫県三木市細川町垂穂の「ネスタリゾート神戸」内の「ホテル・ザ・パヴォーネ」で開催されています。
制作初期のスケッチやイラスト原画などファン必見の貴重な資料が展示されています。西日本初の特別企画展となります。



会場には、キャラクターデザインを担った小田部羊一さんが描いた、赤毛で三つ編み姿のハイジの初期原案や、名場面の水彩イラスト画などが並びます。山小屋の木製小道具や扉、窓などの詳細なスケッチもあり、一貫した設定が分かります。

「アルムの山小屋」のジオラマ(縮尺10分の1)は内部まで忠実に再現。約90分のダイジェスト版を放映するほか、1話ごとのストーリーや、主なキャラクターの性格、生い立ちの説明などもあり、作品が紹介されています。

特別企画展「アルプスの少女ハイジ 原画&アート展」
日程:4月29日~6月25日
時間:平日・日曜日10:00~18:00 土曜日10:00~19:00
場所:ホテル ザ・パヴォーネ「ハナミズキ」
料金:大人(中学生以上)500円、小人(小学生以下)無料


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事