ジブリ美術館 企画展示「食べるを描く。」三鷹の森ジブリ美術館の新企画展示が発表されました。
スタジオジブリ作品の印象的な食事シーンをピックアップした「食べるを描く。」が、5月27日(土)から開催されます。企画・監修は、宮崎吾朗さんが担当しをています。



ジブリ作品といえば、食事のシーンを丹念に描くことでも知られており、そこには物語の演出上の重要な意味が込められています。今回の企画展示では、印象的な食事のシーンは、どのように描かれているのか紹介されます。

第一室では、各作品の記憶に残る食事シーンから、どのようにして描かれているのかパネルで紹介。数秒間の食事シーンのために描かれた原画を紐解きながら、その動きを詳しく展示されます。

第二室では、食事を作るシーンをピックアップ。『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチンを実物大で再現されます。サツキやシータになった気分で、ジブリの世界に入り込みましょう。

新企画展示「食べるを描く。」
期間: 2017年5月27日(土)~2018年5月(予定)


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事