竹中大工道具館「アニメーションにみる日本建築」竹中大工道具館主催による企画展「アニメーションにみる日本建築」が2月24日から5月6日まで神戸市の同館で開催されます。
スタジオジブリ作品に登場する日本建築を題材に取り上げ、『となりのトトロ』に登場する草壁家の再現模型を始め、建築の背景画など制作資料約70点が展示されます。



スタジオジブリのアニメーション作品にはドラマが起こる舞台として、たくさんの日本建築が登場します。本展覧会では、本館が展示協力として携わった「ジブリの立体建造物展」から、『となりのトトロ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』などに登場する日本の建築を採り上げ、建築史家・藤森照信氏の監修により紹介します。

作品に登場する建物に関連する背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料(複製)を公開するほか、『となりのトトロ』に登場する草壁家住宅を一部、立体で表現し、その設計の源に触れます。

アニメーションにみる日本建築 -ジブリの立体建造物展より-
会期:2018年2月24日(土)~ 5月6日(日)
会場:竹中大工道具館1Fホール
時間:9:30~16:30(入場は16:00まで)
休館:月曜日(祝日の場合は翌日)
料金:一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上の方200円


ジブリ情報配信中



関連記事