セロ弾きのゴーシュ9月28日・29日の両日に山形で開催される「全国コミュニティシネマ会議」において、今年4月に亡くなった高畑勲監督の『セロ弾きのゴーシュ』が記念上映されます。
あわせて、山形交響楽団チェロ奏者として活躍するチェリスト・久良木夏海さんのミニコンサートが付きます。



初日の28日は、無声映画とピアノの生演奏を組み合わせた「ピアノdeシネマ」で幕開け。国際会議では山形市が目指す「映像文化創造都市」の将来像、映像文化によるまちづくりなどを議論します。続いて、映画のインターネット配信サービスが映画館や映画祭に与える影響などを討論。県内外10団体がリレー形式で活動報告し、レセプションで県産品や郷土料理などを囲みます。

高畑勲監督の『セロ弾きのゴーシュ』は29日に上映。また、プレミア上映として、渡辺智史監督の『YUKIGUNI』が上映されます。

参加料は2日間の会議で1500円。山形市在住者(在勤・在学を含む)は、28日のみ参加の場合は無料。レセプション3500円、記念上映会は1作品1000円となります。

『セロ弾きのゴーシュ』上映
日程:2018年9月29日
時間:14:30~16:00
チェロ・ミニコンサート付

『セロ弾きのゴーシュ』Blu-ray
宮沢賢治の名作童話を高畑勲監督ほか、才田俊次らがスタッフとして参加し、7年の歳月をかけて製作。特典映像も満載。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事