『宮崎駿の雑想ノート』悪役一号宮崎駿監督が描いた戦記マンガ『宮崎駿の雑想ノート』の第3話に登場した多砲塔戦車「悪役1号」のプラモデルが、5年ぶりに再販されることになりました。
パッケージもリニューアルされ、価格は5,400円(税込)とお求め安くなっています。通販サイトなどで販売が開始されています。



『宮崎駿の雑想ノート』悪役一号

従来の大佐と隊員のフィギュアに加え、新たに執事やコック、機関兵や子豚のフィギュアが追加されました。総勢20体のセットになります。

『宮崎駿の雑想ノート』悪役一号

宮崎駿監督による独自デザインの、愛嬌ある戦車です。ずんぐりしたフォルムが魅力的ですね。宮崎メカが好きな方は、プラモ作りに挑戦してみてはいかがでしょう。

悪役1号隊員集合セット
原画のイメージそのままに隊員が集合中のシーンを再現できるセットです。従来の大佐と隊員のフィギュアに加え、新たに執事やコック、機関兵や子豚のフィギュアを追加。総勢20体のセットになります。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事