日本の紙工芸 だるまトトロ宮崎駿監督の『となりのトトロ』グッズから、トトロが伝統的工芸品の”だるま”になって12月11日に発売されます。
本品は、日本でだるま作りをしている、熟練の職人たちがひとつひとつ形作っており、表面の下地を整え、手書きで表情を入れて、大切に仕上げています。



日本の紙工芸 だるまトトロ

大量生産の製品とは異なり、同じ形や表情のものがなく、一つずつ趣きがあるものになっています。
胡粉(貝を焼いてつくる白い粉)を膠(ニカワ)で溶いたものを全体に塗って強度と表面を整えていますので、触った質感もしっとりとした独特の質感を醸し出しています。

日本の紙工芸 だるまトトロ

サイズは約27cmと大きくて存在感のあるボリュームです。

ハンドメイド品なので個体差があるため、写真とはイメージが違う場合もあります。

新年を迎えるにあたって、縁起物のだるまトトロをお家に招いていみては如何でしょうか。

『となりのトトロ』日本の紙工芸 だるまトトロ
フェルト製の敷物(20cm角、2mm厚)が付属しています。
発売日:2017年12月11日

≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事