紅の豚 時には昔の話を宮崎駿監督作品『紅の豚』の主人公ポルコ・ロッソは豚の姿になっています。劇中で、ジーナの台詞によって、魔法によって豚になっていることが示されていますが、豚となった理由までは明かされていません。
いろいろ紐解くヒントはあるものの、作者である宮崎監督が考えている理由はどういったものでしょうか。



同作のエンディング・クレジットで流れるイラストにも、豚の姿をしたパイロットが描かれています。その理由について、ロマンアルバムのインタビューで宮崎監督が答えています。

エンドクレジットのイラストについて

紅の豚 時には昔の話を

――最後に出てくる飛行機が発明された後のイラストですが、描かれているのがなぜみんな「豚」なのでしょうか。

宮崎:
飛行機もひとりの人間が自分のポケットマネーで飛ばし続けたり、あるいは賞金稼ぎに空賊でもやって、独立して俺は飛びたいんだといって、飛んでいられるだけではないでしょう? 「任務」で飛ぶんです。後は自分の小遣いで軽飛行機に乗るとか、でもそれはスポーツですから。初期の郵便飛行をやっている中で立派な男たちがいましたけれど、それも、つまらない為替とか、そういうものを運ぶために飛ぶだけなんです。実にくだらない……。
今でもそうだと思いますけれど、飛んでいるときに人間たちが感じている感動は、うそだと思わない。だけどそれで全部いいんだとも思わない。同時に、それは大したことじゃないんだという自覚を持ってくれなければ、かなわない。飛ぶことだけで全部完結していたら、絶対そういう人間は「豚」にならないです。自分はヒーローだと思い続けていますから、単なる乗務員で終わりですね。

(中略)

むずかしく作ったつもりはないんです。でも、カタルシスのある定型を持っていて、それを全部踏襲してくれたら満足だという人には、実は敵意のある映画なんです。いつものようにサービス過剰ではございませんぜ、おじさんはそれどころじゃないんです。そういう映画です。豚が人間になりました、よかったよかったとやってしまったら嘘になる。そういうカタルシスを求めるのは間違っているんです。

『紅の豚』ロマンアルバム
ジブリ作品を紐解くガイドブックの決定版。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事