宮崎駿アメリカのアカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、ロサンゼルスに建設中の「アカデミー映画博物館」が2019年後半にオープンすることを明かしました。
開館記念として、宮崎駿監督の作品展を開催予定で「全米で過去最大規模の回顧展」になると発表しています。



アカデミーは宮崎監督の作品展について、期間など詳細は今後明らかにするとしているが、スタジオジブリの協力を得てスケッチや絵コンテなどを展示、キャラクター商品の発売も予定しているそうです。

宮崎監督は『千と千尋の神隠し』で2003年に、アメリカのアカデミー賞の長編アニメーション賞を受賞。2014年には、アカデミー名誉賞を受賞しており、故・黒沢明監督に次ぐ日本人監督として2人目となっています。


ジブリ情報配信中



関連記事