となりのトトロ 八国山コロナ禍の世の中になってしまい、県マタギのジブリ旅をできなくなってしまったので、こうなったら近郊をで楽しもうじゃないかと、『となりのトトロ』のモデル地めぐりをしてきました。
本作のモデル地は、ほぼ所沢の近辺に固まっています。巡った日が40度越えの猛暑日だったせいか、人込みを避けて巡ることができました。



松郷の交差点

となりのトトロ 松郷の交差点
物語のオープニングで、草壁家はオート三輪に乗って松郷に引っ越してきますよね。
あれは埼玉県所沢市に実在する地名でして、こちらの写真が現在の松郷の交差点です。

となりのトトロ 松郷

映画では田園風景でしたけど、現在は車がガンガン走る都会になっています。
看板には「松郷」の表記も見られます。

狭山公園の宅部池

となりのトトロ 宅部池

狭山公園内に宅部池という小さな池があります。
この池は、メイが溺れたんじゃないかと勘違いされた、神池のモデルではないかと言われています。

実はこの池、通称「たっちゃん池」と呼ばれていまして、大正14年に当時7、8歳のたっちゃんという男の子が、溺れて亡くなってしまったという話があります。

この日は、池の調査をしている方々がいて、メイを捜している人たちと重ね合わせてしまいました。

となりのトトロ 宅部池

映画の中でも、靴が見つかったというエピソードがあったのは、もしかしたらたっちゃんに対する何らかの想いがあり、描いたのかもしれません。

しかし、メイが迷子になった話は、宮崎さんの子供時代のエピソードなどもバックグラウンドにあるため、たっちゃん池の件はただの偶然の可能性もあります。はてさて……。

八国山

となりのトトロ 八国山
映画ではよく「七国山」の地名が出てきますけど、それは「八国山」がモデルです。
八国山緑地という大きな公園があって、ここは宮崎監督もよく散歩をしていたようです。

となりのトトロ 八国山

映画では、お母さんが入院しているのが七国山病院といって、サツキとメイたちも山道を通ってお見舞いに行っていましたが、それはこの八国山緑地がモデルです。

新山手病院

となりのトトロ 新山手病院
そして、七国山病院のモデルが、実際に八国山に隣接している新山手病院がモデルとなっています。
この病院は、元々結核療養所として開設されたそうです。

現在は、建物の外観が映画とはまったく違いますが、当時は似たような建物だったのかもしれません。

上安松地蔵尊

となりのトトロ 上安松地蔵尊
ここは、サツキとメイが雨宿りをしていた、地蔵小屋のモデルと思われます。
男前なカンタくんは、自分がずぶ濡れになるのも構わず、傘を貸してくれましたね。

三叉路地蔵

となりのトトロ 三叉路地蔵
これは、所沢市北秋津の三叉路にあった、お地蔵さんです。

一番最初に、病院にお見舞いに行くときに、お父さんが道を間違えそうになったときに登場しました。

そして、物語終盤でメイが迷子になって、サツキが必死に探しているときにも登場しています。

となりのトトロ 三叉路

ここでサツキは、オート三輪に乗ったカップルを呼び止めて、メイを見なかったか尋ねました。
松郷から来たことを言ったら、驚いていましたね。

この場所は、実際に八国山と松郷の中間的な場所に位置します。

となりのトトロ 茶畑
映画では、この近辺は茶畑がありましたけど、実際にその通りです。

梅岩寺の六地蔵

となりのトトロ 梅岩寺 六地蔵
東村山市にある梅岩寺には、迷子になったメイが疲れ果てて座り込んでいた六地蔵があります。

映画と同じように、この周辺は実際に高圧電線が多くて、ネコバスが移動するのに困らないロケーションです。
七国山病院のモデルとなった新山手病院とは、1㎞も無いくらいの距離にあります。
メイも惜しいところまで来ていましたね(笑)。

バス停

となりのトトロ 稲荷バス停 
七曲通りにある、稲荷というバス停です。

『となりのトトロ』のバス停のモデルは諸説あるのですが、宮崎駿監督は「所沢飛行場に行く途中の道にある」ということと、「昔は木々に囲まれていたけれど、今はまったくない」と言っていたことから、この「稲荷バス停」がモデルと思われます。

となりのトトロ 稲荷バス停 

メイが覗いていたようなお稲荷さんは、周辺には見当たりませんでした。

生垣

となりのトトロ 生垣
ここはモデル地とは関係ないかもしれませんけど、映画の背景と似ているので撮影しておきました。
映画の中で、電報が届いて本家に電話を借りに行くシーンがありますけど、そのとき歩いていた生垣に囲まれた道と似ていると思いませんか?

となりのトトロ 生垣

サツキやカンタたちの通学路にも、こんな生垣がありましたね。

鉄道の高架橋

となりのトトロ 高架橋
サツキの通学路には、小さめの高架橋がありましたけど、似たような形のものがありました。

白旗塚

となりのトトロ 白旗塚
ここは塚森のモデルとされている、白旗塚です。
映画では、入口に鳥居があって大きな山でしたけど、実際は鳥居もないし小さな丘です。

となりのトトロ 白旗塚
以前は、丘の上に祠があったそうですが、今は何もありませんでした。

サントアン

サントアン
ここはモデル地ではありませんが、ジブリファンにとっては熱いお店です。
宮崎駿監督が昔から通っているパン屋で、奥さまの朱美さんもよく買いにくるそうです。

サントアン シベリア

『風立ちぬ』で有名になったシベリアがイチ押し商品になっています。
宮崎さんがよく買うのは、そのシベリアとポッケというパンだそうです。

サントアン トトロパン

それから、こちらのお店では、トトロのパンも売っています。
宮崎駿さん公認のトトロパンなんて、おそらくここだけの商品です(笑)。

淵の森

淵の森
サントアンの近くにある淵の森にも行きました。
ここは、東村山と所沢にまたがる森で、宅地開発の危機にあったところを宮崎駿監督が3億円の寄付をして、開発から守りました。

淵の森

ちなみに、この森は宮崎さんが昔からよく散歩していた場所で、『となりのトトロ』の構想をここで練っていたと言われています。

今回、モデル地を巡ってみて、宮崎駿監督に掛かると、映画ではあれだけ立派なものになるのかと、実際の場所を通してそのイマジネーションに感激していしまいました。

皆さんも、よかったらモデル地めぐりをしてみてはいかがでしょうか?


ジブリ情報配信中



関連記事