Page 410 of 417

『ハウルの動く城』ペーパークラフト ハッター帽子店



映画『ハウルの動く城』で主人公のソフィーが働いている帽子店を150分の1スケールの手のひらサイズで再現した「みにちゅあーとキット ハッター帽子店」が9月26日に発売される。企画・監修はもちろんスタジオジブリ。これまでのアイテムより一回り大きくなっている分、作りごたえや見ごたえもたっぷりの人気シリーズ第3弾だ。

みにちゅあーとキット ハッター帽子店

「となりのトトロ」と「魔女の宅急便」のシリーズと合わせてどうぞ!

「みにちゅあーとキット ハッター帽子店」は9月26日発売 価格: 5,985円(税込み)
9月1日より予約受付開始

熱風 8月号 震災・原発に宮崎駿が思うこと

先日、スタジオジブリは、社屋に原発反対の意思を表す、「スタジオジブリは 原発ぬきの電気で映画をつくりたい」という横断幕を掲げたことで話題になりましたけども、そのことについてフリーペーパーの熱風8月号で明かされました。

つづきを読む

『コクリコ坂から』手嶌葵が熱唱し1,000人を魅了!

[シネマトゥデイ映画ニュースの記事です]

21日、歌手の手嶌葵が現在公開中のスタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』の公開記念コンサートを神奈川県立音楽堂にて行い、本作の主題歌を含む17曲を熱唱して約1,000人の観客を魅了したほか、東日本大震災の被災地を訪問したときのエピソードを披露し涙ぐむ場面があった。

つづきを読む

宮崎駿の新作は『風立ちぬ』? Cut 9月号で大いに語る

「Cut」9月号はスタジオジブリ特集です。
宮崎駿の3万文字インタビューは必見です。
『コクリコ坂から』について、震災について、現在制作中の新作についても語られています。

つづきを読む

スタジオジブリ作品の効果音はアナログな手作り!

[シネマトゥデイ映画ニュースの記事です]

最新作『コクリコ坂から』が公開中のスタジオジブリ作品の効果音制作のこだわりが明らかになった。本作の手嶌葵 が歌う主題歌「さよならの夏~コクリコ坂から~」など、映画を彩る楽曲も注目を集めるスタジオジブリ作品だが、コロッケを食べる音、切符を切る音、市電の走る音、床を歩く音など、効果音にもさまざまなこだわりが込められているのだという。

つづきを読む

ジブリのTwitterアカウント一覧

Twitterには、スタジオジブリ関連のアカウントが、数多く存在します。
ジブリの情報を発信する公式アカウントから、ジブリ作品のセリフや、監督の名言をツイートするbotまで、様々あります。
お好みのアカウントをフォローしてみてください。

つづきを読む

「コクリコ坂から」が第36回トロント国際映画祭に出品

第36回トロント国際映画祭のContemporary World Cinema部門のラインナップが発表され、「コクリコ坂から」が出品されることがわかりました。

各部門に出品された作品の中から、市民投票で決定する観客賞The People’s Choice Awardは、アカデミー賞の前哨戦ともいわれており、「コクリコ坂から」の評価にも注目が集まっています。
 
 
 

『コクリコ坂から』に登場した国際信号旗って?

[シネマトゥデイ映画ニュースの記事です]

映画『コクリコ坂から』に登場する国際信号旗が、映画制作中、スタジオジブリの屋上にも掲げられていたことがわかった。国際信号旗は、海上における船舶間の通信のため、世界共通で使用されている旗。映画では、主人公の海が、毎朝掲げる「安全な航行を祈る」の意味を持つUW旗が印象的だが、映画制作中にスタジオジブリの屋上に掲げられたのも、このUW旗だったという。

つづきを読む

藤巻直哉は、宮崎駿監督から「植木等の後継者」と称賛されるサラリーマン!

[シネマトゥデイ映画ニュースの記事です]

大橋のぞみと一緒に歌った「崖の上のポニョ」が大ヒットを記録し、紅白歌合戦にも出場した藤岡藤巻の藤巻直哉が、スタジオジブリとの深いかかわりについて語った。「ポーニョ、ポーニョ、ポニョ、さかなの子」の歌い出しで、大橋のぞみと共に2008年の音楽シーンを席巻したおやじエンターテインメントデュオ藤岡藤巻。その一人、藤巻は、実は大手広告会社に勤めるサラリーマンで、スタジオジブリ作品に4度の声優出演を果たしているという異色の人物。映画『コクリコ坂から』では、スタジオジブリとKDDIとのタイアップを見事まとめてみせ、一部では彼を「スーパーサラリーマン」と呼ぶ声も。そんな藤巻は、宮崎駿監督から「植木等の後継者」と称され、“お気楽なおじさん”として親しまれているという。

つづきを読む

宮崎駿&吾朗監督『ハウルの動く城』『ゲド戦記』がブルーレイに

「ハウルの動く城」と「ゲド戦記」がブルーレイ化されます。
11月16日に発売 価格:各7,140円(税込み)

宮崎父子の作品をブルーレイ化するにあたって、両作品にかかわった鈴木敏夫プロデューサーは「選べないもの」と題した文章を寄稿。父・駿の『ハウルの動く城』については「人は、生まれる時代を選べない。宮崎駿は、時代と格闘して映画を作って来た。魔法使いたちが悪魔と契約し、自ら異形の怪物となって戦うのが、この時代の『戦争』だった」と、息子・吾朗の『ゲド戦記』については「人は、家族を選べない。 宮崎吾朗は、偉大な父を持ち、父と格闘しながら生きてきた。 そんな彼の人生と主人公アレンの生き方が折り重なる」とこの2つの作品が父子それぞれの境遇と根深いところで結びついていることを明かしている。「むごい現実から目をそらすのか、あるいは、そらさないで生きるのか? 人は生まれる時代を選べないし、家族を選ぶことも出来ない。そこに葛藤があるし、人生の大きな意味がある」という鈴木の文章はそのまま作品のテーマを代弁しているといっても過言ではなさそうだ。



 

© 2021 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑