ひるね姫神山健治監督の『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が2017年3月に公開されることが明かされました。
この度、劇場用ティザーポスタービジュアルが解禁。7月16日(土)より全国の劇場にて掲出予定。また本作制作を手掛けるシグナル・エムディのLINE公式アカウントを開設されました。



LINE公式アカウントでは、本作の制作日誌や、プレミアコンテツが配信されます。

物語は、2020年、東京オリンピックを3日後に控えた夏の日。彼女の家族に事件が起きます。ココネが知らない両親の秘密――その謎を解く鍵は、彼女が眠る度にみる妙にリアルでとても温かい、不思議な夢の中にあった……!?

解禁されたポスターでは、犬のぬいぐるみを抱きかかえ、ロボット・ハーツの腕の中で気持ちよさそうに眠る女子高生・森川ココネの姿が描かれています。

ひるね姫

神山健治監督は今回、「自分の娘に観せたい映画を作りたい」と完全オリジナル書き下ろしのファンタジーという新境地に挑みます。

ココネを抱きかかえ、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」のデザイン原案は、『ベイマックス』にコンセプトデザインで参加した経験をもつ、コヤマシゲトさんが担当しました。

神山健治のコメント

重苦しい現実と対峙していかなければならない時代に、アニメーション映画がやるべきことは何か? 自問自答していたある日、「自分の娘に観せたい映画を作ったらどうだ」と言われ、ふっと天真爛漫な女の子とお父さんの物語が浮かんできました。でもこれがなかなか一筋縄ではいかず、どうしたら娘に観てもらえるかを考えながら奮闘する毎日でした。この物語は、あるミニマムな個人の想いに寄りそった「父と娘の物語」です。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』
監督・脚本:神山健治
キャラクター原案:森川聡子(『猫の恩返し』)
ハーツ・デザイン原案:コヤマシゲト(『ベイマックス』)
作画監督:佐々木敦子(『東のエデン』)
制作スタジオ:シグナル・エムディ


ジブリ情報配信中



関連記事