天気の子 プロメア 若おかみは小学生「アニメーション界のアカデミー賞」と称されるアニー賞の授賞式がアメリカ・ロサンゼルスで行なわれ、日本からノミネートされていた『天気の子』『若おかみは小学生!』『プロメア』の3作品は惜しくも受賞を逃しました。
日本国内でのヒット作・話題作でもあった3作品ですが、いずれも受賞はなりませんでした。



日本作品が受賞を逃したなか、作品賞をはじめ7部門を受賞したのはスペインのアニメーション『クロース』となりました。

この他にも、フランスの『亡くした体』がインディペンデント作品賞を受賞しており、これら2作品がこのあと2月10日に行なわれるアカデミー賞にもノミネートされています。

日本のアニメーションは、2018年・2019年と豊作の年でしたが、アニー賞においては『千と千尋の神隠し』以来、フルCGアニメーションの作品が受賞しています。手描きのアニメーションが少数派となったおり、受賞の評価基準にも響くものがあるのかもしれません。


ジブリ情報配信中



関連記事