竜とそばかすの姫

第94回アカデミー賞長編アニメーション映画部門にエントリーされた26作品が発表されました。

日本からは、細田守監督の『竜とそばかすの姫』や、スタジオ4℃の『漁港の肉子ちゃん』など、計6作品がエントリーされています。



海外有名スタジオの作品では、ディズニーの『ミラベルと魔法だらけの家』と『ラーヤと龍の王国』、ディズニー&ピクサーの『あの夏のルカ』、ドリームワークスの『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』などなど、ライバルがひしめいています。

漁港の肉子ちゃん

第94回アカデミー賞のノミネート作品は2月8日に発表。長編アニメーション映画部門では、最終的に5作品に絞られます。

これまでに、長編アニメーション映画部門の邦画およびジブリ作品では、『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』『思い出のマーニー』『レッドタートル ある島の物語』『未来のミライ』がノミネートされています。授賞式は、3月27日に開催されます。


ジブリ情報配信中