草原の子 テングリ「映画の教室 2019 PR映画にみる映画作家たち」と題した特集上映が、5月8日に東京・国立映画アーカイブで始まります。
PR映画とは行政や企業がスポンサーとなり、その団体の広告宣伝を目的に製作される映画を指します。日本が復興から高度経済成長へと移行する1950年代半ばから製作数が急増し、ドキュメンタリー、劇映画、アニメーション、実験映画など多様な作品が生まれました。



特集では電通映画社、岩波映画製作所、桜映画社といった9つの製作会社による1950年代~80年代の作品を5日間に分けて紹介。そのなかで、手塚治虫の原案をもとに大塚康生が演出、宮崎駿がレイアウトで参加した短編アニメーション『草原の子テングリ』が上映されます。

なお、『草原の子テングリ』は、6月5日(水)19:20より、『アメリカの家庭生活 第二部 おかあさんの仕事』『たすけあいの歴史 ─生命保険のはじまり─』と同時上映となります。

「映画の教室 2019 PR映画にみる映画作家たち」は隔週水曜の全5回開催。各回、国立映画アーカイブの研究員による解説がつきます。スケジュールの詳細は公式サイトでご確認ください。

映画の教室 2019 PR映画にみる映画作家たち
日程:2019年5月8日(水)~7月3日(水)
時間:開場 19:00/開演 19:20
場所:東京都 国立映画アーカイブ
料金:一般 520円 / 高校・大学生、シニア 310円 / 小・中学生 100円
※隔週水曜開催(全5回)

『草原の子テングリ』クレジット

製作:村山英世
企画:雪印乳業
演出、作画監督:大塚康生
原案:手塚治虫
撮影:若菜章夫
音楽:間宮芳生
音響:浦上靖夫
録音:中戸川次男
レイアウト:大塚康生、宮崎駿
原画:大塚康生、椛島義夫、近藤善文、中村英一、本木久年、青木雄三、矢沢則子、小田部羊一
美術:川本征平
色彩:近藤浩子
動画:有原誠治、春貴健司、伊藤孝男、鈴木信一、西村哲一、原恵子、本多敏行、山田道代、小林正義
仕上げ:八巻光子、野中幸子、細内陽子、別紙マリ子、若井喜治、岩川容子
背景:工藤剛一、沼井信朗、高野正道、矢島みよ子
演出助手:吉田茂承
編集:吉川雅士
撮影:三沢勝治、小山信夫、金子仁、神山繁夫
制作進行:真田芳房

草原の子 テングリ
原案:手塚治虫、監督・作画監督:大塚康生、レイアウト:宮崎駿
超一流スタッフが結集した“幻”の傑作アニメーション

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中