米林宏昌監督の新作『思い出のマーニー』の主題歌に、アメリカのシンガー・ソングライター、プリシラ・アーンさんが歌う「Fine On The Outside」が選ばれました。



アーンさんは1984年、米ジョージア州生まれ。14歳からギターを始め、曲の創作を始めた。2008年にアルバム「グッド・デイ」でデビューし、ジブリ作品「耳をすませば」の主題歌である「カントリーロード」の日本語版をカバーしたのをきっかけに、12年には日本語の楽曲を中心としたアルバムも出した。

主題歌の選定は今年1月まで進んでいなかったが、三鷹の森ジブリ美術館の中島清文館長が「作品に合うと思う」とジブリの西村義明プロデューサーに推薦したことがきっかけで動き出した。アーンさんの音源を入手した西村プロデューサーが米林宏昌監督に聞かせると、「この人が主題歌ですね」と即決したという。

「Fine On The Outside」は高校時代に作った曲。提案した理由についてアーンさんは「孤独を感じ、自分の中に愛というものを見いだそうとしていた頃に書いたこの曲は(心と体に悩みを抱える主人公の少女)杏奈の状況そのもの」と語っている。

主題歌を収録したアーンさんによる映画の歌集アルバムが7月にヤマハミュージックコミュニケーションズから発売される。

 

プリシア・アーン Twitter

幸せのみつけ方
心においしいピュア・ヴォイス
プリシラ・アーン『幸せのみつけ方』陽だまりの中、まったり聴きたいプリシラ・アーンの2ndアルバム。
“成長”をテーマに描いた、人生の山と谷を辿るゆるやかなストーリー。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事