PLAN 75

鈴木敏夫さんが、映画『PLAN 75』にコメントを寄せました。
本作は、第75回カンヌ国際映画祭でカメラドール スペシャルメンション(特別賞)を受賞。倍賞千恵子さんが主演を務めています。



近未来の日本が舞台で、75歳以上の高齢者に死を選ぶ権利を保障し、支援する制度プラン75に人々が翻弄されるという物語。倍賞さんにとって、9年ぶりの主演作となります。

鈴木敏夫コメント:
倍賞千恵子さん、ご無沙汰しています。お元気そうですね。映画を見てそう思いました。
倍賞さんというと、『寅さん』の妹のさくらさん。でも、ジブリにとっては、『ハウルの動く城』のソフィーです。
75歳を超えると、死を選択できる。この配役は、倍賞さんを置いて、他に考えられない。
最後まで、倍賞さんの一挙手一投足を見守りました。この映画のヒットを願っています。


ジブリ情報配信中