16日に放送された『借りぐらしのアリエッティ』の視聴率は、TV局関係者の間では不満が大きかったようです。

視聴率って、作品を創る側にとってどの程度の影響があるんでしょうね。
商業主義に走るほど、大きくなるとは思いますけども、ジブリの場合はまだ影響が少ないほうでしょうか。



日本テレビが青ざめる”ジブリの誤算” – 日刊サイゾー

 「当然、関係者は期待に期待をするわけです。ジブリ作品の視聴率の最初の放送は、20%超えを宿命付けられている。その前の週に放送された『天空の城ラピュタ』は、13回目のオンエアにもかかわらず15.9%を弾き出した。ところが……」と局関係者は憂うつな表情をさらに曇らせる。

「『アリエッティ』は16.5%でした。普通に考えれば及第点なんでしょうけど、ハッキリ言って、ジブリ作品としては落第点です。関係者は衝撃を受けていたようで、コメントは出しません、という感じでした」(テレビ誌ライター)

 『崖の上のポニョ』の初放送は29.8%だった。そのため『アリエッティ』も大いに期待されていたが、「相当、いや、かなりがっかり」と局映画担当者も本音を打ち明ける。


ジブリ情報配信中



関連記事