野っぱらのクリームソーダジブリ美術館のカフェ麦わらぼうしに、「野っぱらのクリームソーダ」という人気メニューがあります。
夏の空のように色鮮やかなスカイブルーのジュースの上に、白い雲に見立てたアイスクリームが乗っかっていて、見た目も涼しい人気の一品です。



長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳の麓に、地元の人だけが知る秘密の野原があるそうです。
そこで夏に寝そべって、見上げた真っ青な空と、ぽっかりと浮かぶ白い雲をイメージして誕生したのが、この「野っぱらのクリームソーダ」だそうです。

このジュースは、「三鷹の森ジブリ美術館 手づくりの力 カフェのごちそうメニュー編」というレシピ本に作り方が掲載されています。
そう難しいものではなくて、シュガーシロップのブルーとクリアを混ぜて、レモン汁を加えて炭酸水を注ぎ、アイスを乗せたら完成します。

手順だけで見れば簡単なものですが、このシュガーシロップってわりと高額だったり、スーパーでの取り扱いがなかったり、あまり手軽ではなかったりするんですよね。
そこで、スーパーやコンビニ、100均等で購入できるものだけで「野っぱらのクリームソーダ」を作ってみました。

まず用意するもの

野っぱらのクリームソーダ
とても簡単です。こちらの5品を買ってきましょう。

  • ブルーハワイのカキ氷シロップ
  • ガムシロップ
  • アイスクリーム(ここでは爽にしましたけど、お好みで)
  • レモン(1/2)
  • 炭酸水

いずれも100円程度で購入できます。

ガムシロップ

野っぱらのクリームソーダ
まず、グラスにガムシロップを1つ入れます。
グラスは透明なイケてると思うものを用意しましょう。
ここでは、『メアリと魔女の花』のグラスを使いました。
ようやく出番があって良かった。

ブルーハワイ

野っぱらのクリームソーダ
ここにブルーハワイのシロップを10mlほど入れます。

レモン

野っぱらのクリームソーダ
次に、レモン1/2をよく絞って入れましょう。

炭酸水

野っぱらのクリームソーダ
ここに炭酸水を入れて、よく混ぜます。

アイスクリーム

野っぱらのクリームソーダ
最後にアイスクリームを乗せたら完成です。
ポイントは、アイスクリームをディッシャーで丸くして乗せることと、溢れて泡立たせないことです。
それがけっこう難しかったです……。

ではでは、暑い日々を乗り切るために、皆さんも安価版「野っぱらのクリームソーダ」を作ってみては如何でしょうか。

三鷹の森ジブリ美術館 手づくりの力
カフェのごちそうメニュー編

ジブリ美術館のカフェ「麦わらぼうし」のレシピを掲載。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事