ジブリ旅 高知 天神大橋ジブリ旅4日目。高知の『海きこ』めぐり後編では、天神大橋や夜のアーケード街に、ライトアップされた高知城などを見に行きました。
天神大橋は、『海がきこえる』の制作当時と変わらぬ姿で残っているので、ロケ地めぐりをされる方は、ぜひ寄ってもらいたい場所です。



ジブリ旅 高知 天神大橋
ここは、鏡川に掛かる天神大橋です。
物語冒頭、松野から電話で呼び出された拓が、学校に行くときに自転車で渡りました。
背景美術を手がけた田中直哉さんは、背景を描く際に、広がりを作るために建物の高さは低くしたと、メイキングで言っていました。

ジブリ旅 高知 天神大橋
橋を渡ったあと、拓はこの坂道をくだっていきます。
アニメでは右側の家から、木の枝が庇のように伸びていますが、実際はありません。影を作るために、描いたそうです。
ちなみに、この坂道、実際に自転車で走ってみましたけど、なかなか勢いが出ます。

ジブリ旅 高知 天神大橋
拓が学校から戻ってくるときに、ここを通ります。
背景に石碑が描かれているのですが、写真では葉が茂っていて見えません。

ジブリ旅 高知 天神大橋 石碑
こちらがその石碑。アニメで描かれていたものと同じです。

ジブリ旅 高知 天神大橋
この天神大橋は、駐車場のアングルからも描かれています。
小浜から呼び出された拓が、タクシーで空港に向かうときに登場しました。

ジブリ旅 高知 天神大橋
そして、駐車場のカットから、次はローアングルでタクシーが通るシーンが描かれます。
実際にタクシーが来ないか、ちょっとだけ待ってみましたけど、そう都合よくは通りませんね。
作品で描かれた「いちかわ CYCLE SPORTS館」の建物がまだありました。

ジブリ旅 高知 カラオケ
ここのカラオケは、物語終盤で登場しています。
同窓会の前日に、小浜が里伽子に出会ったシーンの背景がここでした。
当時はカラオケセントラルでしたが、現在はカパラになっているため看板が変わっています。

ジブリ旅 高知 アーケード
同窓会の帰りにみんなで歩いていたアーケード街です。
お店などは変わっていますけど、アーケードのステンドグラスなどは、ほぼ当時のままです。

ジブリ旅 高知 アーケード
こちらは、山尾が千鳥足で歩いていたシーンで登場しています。
アニメでは、左側にポストがありましたけど、もう無くなってしまいました。
ちなみに、このときアーケードでは、よさこい祭りの練習をしていました。ちょっと奥のほうに写っています。

ジブリ旅 高知城
そして、アーケードを抜けて、すこし歩いたところに高知城があります。
アニメでも同窓会のあとに、みんなで散歩をして、ここでライトアップされた夜の高知城を眺めていました。
ここで、「もし里伽子とふたりだったらきっと綺麗に見えるに違いなかった」という、拓のモノローグがあって、シーンは東京に移ります。

ちなみに、原作小説では、里伽子と拓は二人で見ていて、拓は「ふたりでいると、やっぱり綺麗や。ライトアップは、この夜のために用意されているような気がした」と言っています。
小説とアニメでは、だいぶシチュエーションも違っているので、まだ読んでいない方は、原作もオススメします。活字慣れしていない人でも、読みやすい小説だと思います。

ではでは、初日の高知は、これにて終了です。
2日目も、まだまだ高知をめぐります。
ではでは、次回につづく……。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事