押井守が『風立ちぬ』を斬る!【オレ・ジブリ】

「TV ブロス」に掲載された押井守の『風立ちぬ』評を、やっと読みました。
発売日に買ってはいたんですけども、自分が映画を受け止め切れていないのに、押井評に引っ張られると別の映画になりそうなので、読まずにいました。
ところが、いざ読んでみたら、宮崎駿監督を昔から知っている友達ならではのもので、“宮さんってこんな人”っていう紹介に近い内容なのでした。



二郎は宮崎監督であり、限りなく自分の持っているものを正直に出している、と評価していますね。
旧友への愛と尊敬を感じます。ツンデレっぷりも、押井さんらしい。
押井さんは、宮崎駿監督を羨ましく思っている人なんじゃないかな。

簡単にまとめると以下のような内容を、押井さん独自の視点で解説しています。

 

宮さん自身が剥き出しの、自分だけのために作ったオレ・ジブリ

『風立ちぬ』について
・原作の主人公はブタなので、映画もヒロイン以外はブタだと思っていた。
・僕の知っている堀越二郎とは違う。宮さんのファンタジー。
・夢と現実があやふやなのは老人的。
・青春の衣をまとっているが、老人の宮さんが剥き出し。
・宮さんもついにパンツを降ろした。
・自分のために作っている。オトナ・ジブリじゃなくて、オレ・ジブリ。
・カストルプは、『魔の山』の主人公。
・臆面もなく趣味が出ていて官能を感じた。
・これまでの宮さんと官能の矛先が変わっている。
・矛盾がテーマのひとつ。
・(庵野秀明の声優)いいわけないじゃん。
・老アニメータの迫力が伝わった。
・正直でいい映画。近年のジブリ映画で抜きん出ている。誰にも真似できない。

宮崎駿監督について
・宮さんは薄幸の女性が好き。
・宮さんは、ゼロ戦よりユンカースのほうが好き。
・カプローニも宮さんは大好き。理由はユンカースと同じ、傍系だったから。
・宮さんは、自分が傍系の自負がある。
・宮さんは良識人っぽくふるまってるけど、兵器が好きで、女性が好き。あと職人も好き。
・職人のつもりで、宮さんがエプロンつけてるけど、僕たちから見たらレザーフェイス。
・一歩踏み出したか、踏み外したかは、これから決まる。
・褒めているわけじゃないんだ。でも、宮さん凄い。
・宮さんとトシちゃんがいなくなったら、世の中、寂しい。
・宮さんより長生きして葬式に出る。

TV Bros(テレビブロス) 関東版 2013年7月20日号
ブロス恒例!? ネタバレ御免! 押井守が斬る 宮崎駿 最新作『風立ちぬ』オレ・ジブリって本当ですか?/どうした!? 水道橋博士「キッド人生劇場 お笑い男の星座」の連載より15年。/祝!レギュラー化『TV Bros. TV』放送直前大特集

≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事



2 Comments

  1. 嫌いな奴の事など語りたくもないからね
    押井氏が宮崎監督を嫌いじゃない事は明白

  2. 宮さんのエプロンはレザーフェイスて! 妙に納得しちゃうからすごい

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑