『Switch』2013年12月号 責任編集:川上量生「スタジオジブリという物語」11月20日発売

スタジオジブリという物語11月20日に発売される『Switch』12月号はスタジオジブリ特集が組まれています。
「スタジオジブリという物語」題して、ドワンゴの川上量生さんが、『かぐや姫の物語』の西村プロデューサーや、鈴木敏夫プロデューサー、ジブリと長年仕事をしていた糸井重里さんとの対談から、スタジオジブリの内側が語られています。
ひと足早く、本号を入手したのですが、もう目次を見ただけで圧巻のボリューム!



表紙

スタジオジブリという物語『Switch』2013年12月号
『かぐや姫の物語』と、『夢と狂気の王国』の公開にあわせた、全46ページの特集号。

責任編集:川上量生
「スタジオジブリの人びと、特に高畑勲、宮崎駿、鈴木敏夫という3人が織り成す人間ドラマは、その作品以上に面白いのではないか?」という川上独自の視点により、高畑勲新作公開、宮崎駿引退表明など、新たな物語が動き出したジブリの現在に迫ります。
川上が聞き手となった西村義明、鈴木敏夫、糸井重里、川村元気との計4本の対談や、砂田麻美監督インタビューでは、「人間ドラマとしてのスタジオジブリ」を徹底的に掘り下げます。

また、制作スタジオのフォト、作画表現の解説、美術監督・男鹿和雄、声優キャスト陣、主題歌・二階堂和美のインタビュー、久石譲の音楽収録現場レポートなど、映画『かぐや姫の物語』関連のコンテンツが盛りだくさん。映画鑑賞後に必携の一冊となっています。

 

Switch Web限定 特典ポスター付

スイッチ・パブリッシング公式サイトから、本誌を購入すると、先着で『かぐや姫の物語』のSwitchオリジナルポスターが貰えるようです。

『Switch』2013年12月号 Vo.31「スタジオジブリという物語」
発売日:2013年11月20日
価格:819円(税込)
≫『Switch Publishing』公式サイト

 

目次

スタジオジブリという物語伝説の男・高畑勲はいかに帰還したのか?
西村義明×川上量生

宮崎駿の引退会見とは何だったのか?
鈴木敏夫×川上量生

プロデューサー鈴木敏夫のアート性とは?
糸井重里×川上量生

ジブリの未来はどうなるのか?
川村元気×川上量生

ジブリの夢と狂気とは何なのか?
砂田麻美インタビュー

『かぐや姫の物語』制作現場から
『かぐや姫の物語』が生まれた現場とは? スタジオジブリ第7スタジオの風景

アニメーションの極北と噂される『かぐや姫の物語』の“作画”の凄さとは?

日本画のような『かぐや姫の物語』の背景画。美術監督を務めた職人・男鹿和雄はどう描いたのか?

かぐや姫、捨丸、媼の声を担当した俳優たち。高畑監督からどんな演出をうけましたか?
朝倉あき/高良健吾/宮本信子

ジブリの音楽を生み出してきた作曲家・ 久石譲。『かぐや姫の物語』音楽収録はどう行なわれた?

二階堂和美は『かぐや姫の物語』の主題歌に何を込めたのか?

海を渡ったジブリのパッケージデザイン事情とは?

ジブリのブルーレイ・シリーズの大胆なパッケージデザインとは?

 

ジブリのひとつのドキュメントになりました――川上量生

 僕は2011年からスタジオジブリさんにお世話になっています。
 鈴木敏夫さんのラジオ番組に出演した際、勢いで弟子入りを志願してしまってから、もうすぐ3年です。その間、プロデューサー見習いとして、ジブリの映画作りを間近で見てきました。
 つくづく思うのです。ジブリの人たち、特に高畑勲監督、宮崎駿監督、鈴木敏夫さんという3人が織り成す人間ドラマは、その作品と同じくらい面白いのではないかと。
 そこで改めていろいろな人に話を聞きました。
『かぐや姫の物語』のプロデューサー・西村義明さんに高畑監督の話を、鈴木敏夫さんに宮崎監督の話を、ジブリとずっと仕事をしてきた糸井重里さんに鈴木さんの話を。ジブリファンの川村元気さんとはジブリの未来の話をしました。
 現時点での、ジブリのひとつのドキュメントになったと思います。

川上量生

責任編集:川上量生「スタジオジブリという物語」SWITCH Vol.31 No.12

 

伝説の男・高畑勲はいかに帰還したのか? 西村義明×川上量生

スタジオジブリという物語

日本アニメーション界の巨人・高畑勲14年ぶりの監督作『かぐや姫の物語』が遂に公開される。製作期間8年、製作費50億円、全編2時間17分の超大作の舞台裏には、壮絶なドラマがあった。齢78にしてなお、果敢な挑戦を続ける高畑勲の映画の作り方と、その製作現場の実像とは?
高畑勲のパートナーという大役を担った若きプロデューサー・西村義明に、川上量生が聞いた。

 

宮崎駿の引退会見とは何だったのか? 鈴木敏夫×川上量生

スタジオジブリという物語

日本中が固唾を飲んで見守った引退会見の数日後。会見にも立ち会っていた川上は、現在、弟子入り中であるスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーのもとを訪ね、あの会見の舞台裏と、30年以上にわたる宮崎駿との仕事について聞いた。
話は、宮崎駿の壮絶な仕事ぶりから、鈴木敏夫の独自なスタンスまで多岐に渡った。

 

プロデューサー鈴木敏夫のアート性とは? 糸井重里×川上量生

スタジオジブリという物語

「わすれものを、届けにきました。」(『となりのトトロ』『火垂るの墓』)、「おちこんだりもしたけれど、私は元気です。」(『魔女の宅急便』)など、スタジオジブリ作品の数々の宣伝コピーを手がけてきた糸井重里。長年、ジブリ、鈴木敏夫プロデューサーと仕事をしてきた糸井に、一度会って話を聞いてみたい。糸井事務所へ伺って、ジブリのこと、仕事のことを語り合った。

 

ジブリの未来はどうなるのか? 川村元気×川上量生

スタジオジブリという物語

宮崎駿監督が長編映画製作からの引退を表明したスタジオジブリ。
その行方はどうなるのか? そして、日本のクリエイターの未来は?
宮崎駿監督とその作品を敬愛する、熱烈なジブリファンでもある、東宝の映画プロデューサー・川村元気と語り合う。

 

ジブリの夢と狂気とは何なのか? 砂田麻美

スタジオジブリという物語

川上量生プロデュース、ドワンゴ製作による、スタジオジブリを題材にしたドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』が現在公開されている。
“外の人間”だからこそ感じたジブリ独自の気配、本物の芸術家たちの狂気と覚悟……。約一年にわたる“スタジオジブリ留学生活”で見たものとは。カメラ片手にジブリに忍び込み、一本の映画に仕上げた砂田監督に聞いた。

 

SWITCH Vol.31 No.12
「スタジオジブリという物語」責任編集:川上量生

スタジオジブリの人びと、特に高畑勲、宮崎駿、鈴木敏夫という3人が織り成す人間ドラマは、その作品と同じくらいに面白いのではないか……。現在、スタジオジブリで修行中のドワンゴ会長・川上量生を責任編集に迎え、高畑勲14年ぶりの新作『かぐや姫の物語』公開、宮崎駿引退表明など、新たな物語が動き出したスタジオジブリの現在をドキュメントする

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事



1 Comment

  1. これを読まずして何読むの!?ってぐらいボリュームたっぷりな号になっているみたい。早く読みたい!表紙も素敵です。:『Switch』2013年12月号 責任編集:川上量生「スタジオジブリという物語」11月20日発売【ジブリの

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑