鈴木敏夫が語る、興収100億円を越えても採算ラインに届かないスタジオジブリの実情

先日放送された、鈴木敏夫プロデューサーが出演した、「水トク!子供に聞かせたい「お金儲け」の話をしよう」を文字起こししました。
このときの放送で、ジブリ作品が100億円を越える興行収入を上げながら、お金が貯まっていかないという、その内情を語りました。
ここでは語られていませんが、興収155億円の『崖の上のポニョ』でも、採算ラインに届くのがやっとだったそうです。もしかしたら、『風立ちぬ』は赤字かもしれませんね。



中山:
今日は、鈴木さん、「お金儲け」ということがテーマなんですけど、なかなかこういったテーマでお話しすることはないですよね?

鈴木:
これは、僕初めてなんじゃないかな。
「お金儲け」の話はした記憶がありません。

中山:
じゃあ、今日は貴重なお話が。

鈴木:
はい。勉強します。

あの、『風立ちぬ』はですね、ほんとうにいろんな方に観ていただいてね、僕としてはすごく嬉しい。
だけど、ちょっと辛いことがあるんですよ。
お陰さまで、宮崎駿って人がいたお陰で、それから高畑勲って人がいたお陰で、いつも良い作品を作ってくれるから、ほっといてもいろんなお客さんが見に来てくれたから、そのことで世間から一応、名プロデューサーって言われたんですけどね。
それが、ここにきて、ちょっとやばいかなってことになってるんですよ。

中山:
なんでですか?

鈴木:
いや、だから……、監督が使いすぎたっていうのか……(笑)。

 

興収100億円でも儲からない生産方法

鈴木:
こないだ教えてもらったんですよ、ある人に。
過去、日本映画で、100億円の興行収入を上げた作品は、何本あるか知っていますか?って。で、僕知らなかったんですよ。
誰か知ってる? ヤマ勘で言ってみて。

――30本。

鈴木:
君、凄いね。俺も30本だと思ったの。
そしたら、本当はね、8本しかなかったのよ。
それで、その内、『千と千尋』『ハウル』『もののけ』そして『ポニョ』と、今回の『風立ちぬ』。なんと宮崎駿はね、そのうち5本がね、彼の作品だったのよ。

中山:
そんな本数しかないんですね?

鈴木:
僕もこれは初めて知りました。たった8本しかないんですよ。
だから、まあ、ほんとう頑張ってくれましたよね。

中山:
となると、売上というのは、大変ものになるんじゃないですか?

鈴木:
さっきね、スタッフの方に教えていただいて、ジブリ作品の興行収入を全部足すと、なんと1400億円。

中山:
見当がつかない。国内のみで。

鈴木:
ジブリにどれぐらいお金が残っているのかって、みなさん気になるでしょう?

中山:
これは、そうとう残るでしょう、だって。

鈴木:
ほとんど残ってないんですよ。これ、嘘じゃないんです、ほんとに。
ほんとに残ってない。残ってません。
なんでかって言ったらね……。

中山:
鈴木さんが使い込んだんですか?

鈴木:
中山さん、もう少し考えてからもの言ってくださいよ(笑)。

映画ってね、スタッフが1本の作品で4~500人なんですよね。
で、その人たちを拘束するでしょう。そうすると、何か月やっていくかで製作費って決まるんですよ。

中山:
作るということは、人を押さえる。人件費であったり、どんどんお金が出ていくんですね。

鈴木:
そうなんですよ。

中山:
例えば、1分間作るのにどれくらい時間がかかるんですか?

鈴木:
アニメーターっていっても、いろいろいるんですけどね。その人たちのノルマが、一週間で5秒。そうすると、5秒で月に直すと4週間ありますから20秒でしょう。
そして、20秒で1年間やると、240秒。つまり4分なんですよ。これがノルマなんです。
だから、僕たちの映画ってね、2時間作るには最低2年かかる。

尾木:
どうしてそんなにかかるんですかね?

鈴木:
まあ、宮崎、高畑、両監督はこだわりますから。
例えば、人によっては、絵コンテだけを描く人がいるんですよ。
それで、アニメーターがやる芝居、動き、これは完全にその人たちに任せちゃう。こういうやり方なんですよ。
ところが、宮崎アニメの最大の特徴、彼は絵コンテを描くと同時に、その芝居のチェックをものすごく頑張るんですよ。「ここの芝居は違う!」って。
そしたら、彼はそれを「描き直せ!」ってやるでしょう?
で、描き直しても上手くいかないときは、自分で描き直すんですよ。そこが大変なんですよ。
だから、今回引退っていうときに、その作業がちょっと辛くなってきた。

中山:
どの作品に関してもですか?

鈴木:
そうですねぇ。とにかく、こだわりますよ、お芝居には。
例えば、『トトロ』でね、みんなも覚えてると思いますけど、メイちゃんがトトロのお腹の上でピョンピョン跳ねるでしょう? あれって、アニメーターなかなか描けないんですよ。
トトロって、お腹押したら、へこみそうでしょう? これって、アニメーターの技量なんですよ。技術。で、普通の人が描くと、固くなっちゃうんですよ。
「へっこむ」って感じが描けない。これはね、宮崎駿じゃないと描けない。

『ハウル』に出てきた、カルシファーって火の悪魔。あれ、全部宮崎駿が一人で描いたんですよ。
それで、なぜかっていうと、火の悪魔だから、身体が変わるでしょう?
これをね、いろんな人にやらせたんだけど、上手くいかない。だから、「俺が描く」って全部描いたんですよ。

そうすると、さっき言いましたでしょう。ワンカット描くのに一週間。つまり、5秒を一週間だけれど、なかにはたった5秒に一か月かかる場合が出てきちゃう。それで、どんどんどんどんずれていく。

――時間がかかると、お金がかかるということですね。

鈴木:
そういうことです。
だから、当然お金いっぱいかかるわけですからね、使った分を僕が回収しなきゃいけないんですよ。
だから、みんなもね、プロデューサーってどんな仕事するんだろう、って興味のある人もいると思うんだけど、ツラい仕事なんですよ(笑)。

中山:
でも、「この映画で行こう」と決めるのは、鈴木さんですよね?

鈴木:
まあ、せめてそのぐらい。

 

企画の始まり

鈴木:
今回の『風立ちぬ』って企画、ほんとうは宮さんはね、孫ができたもんですからね、孫に見せる映画?
『ポニョ』みたいな映画を、もう一本作ってみたいって言ったんですよ。これ真剣だったの。
だけど、僕はね、なんとなく嫌だったんですよ。
それで、『風立ちぬ』これが良いんじゃないですか? って言っちゃったんですよね。

中山:
そういうとき、宮崎さんは、なんて答えるんですか?

鈴木:
普段は、たいがい二つ返事ですよね。
だから、まあ、大真面目にふたりで喧々囂々、打ち合せるとかあまりないんですよね。
『ハウル』のときなんか、むちゃくちゃですよね。トイレに行ったらね、宮さんがいたんですよ。
「次どうする?」って言われたから、僕おしっこしながらね、「『ハウル』はどうですか?」って言ったらね、「じゃあ、そうしよっか」って、それで終わりですよ。

――『ハウル』はトイレで決まったんですね。入念な打ち合わせがあって決まるんじゃないんですね。

鈴木:
入念はね、もしかしたら今回が初めて。

 

高畑勲は絶対に妥協しない人

鈴木:
高畑監督っていうのは、みんな見たことあるんじゃないかな。
『アルプスの少女ハイジ』とか、『母をたずねて三千里』とか、『赤毛のアン』を作った人ですよね。
ジブリでは、みんなが泣いちゃった『火垂るの墓』、こういうのを作った監督です。

中山:
作風はまた、宮崎さんとは違うんですよね。

鈴木:
ある時期まではね、さっき言った『ハイジ』とか、『三千里』とかはね、高畑さんが監督で、宮崎駿は絵を描く人だったんですよ。
ふたりで15年間ぐらい、そういうふうにやってたんですよ。
高畑さんというのは、自分は絵を描かない人なんですよ。で、絵描きに無茶な注文をする人なんですよ。
だから、例えば人間の顔だとね、普通絵を描くというと、だいたい7:3とかね、8:2とか、そういう角度で描くんですよ。
ところが、高畑さんは正面から描けって。だから、これ描くの大変なんですよ、実は。正面から描くって、ものすごい難しい。
だから、高畑さんはねぇ、時間かかるんですけどねぇ……。

中山:
『火垂るの墓』も、そうとうかかったんですか?

鈴木:
『火垂るの墓』はねぇ……、僕にとってはちょっと辛い思い出なんですけどね。
みなさん、今ビデオになってると何も感じないと思うんですけど、実は封切り当時、映画が完成しなかったんですよね。

中山:
あれ未完成ですか?

鈴木:
封切り当時の作品ですよ。ところどころ、白いシーンが出てきたんですよ。

中山:
完成しないまま公開したんですか?

鈴木:
そうです。
高畑さんっていうのは、妥協しない人なんですよ。
僕なんかはね、描いてないところを詰めれば、分からないじゃないですか?
ところが、高畑さんはね、そういう人じゃないんですよ。
自分がやろうとしたのは、「これ」だからって、最後まで妥協してくれなくて。で、それを封切らざるを得なかった。

中山:
それを封切ったとき、世間はなんて言いました?

鈴木:
ほとんどの人がね、映画の効果として、それを受け止めたんですけどね。
これ実は『火垂るの墓』っていうのは、みなさん若いから分からないけども、『となりのトトロ』と『火垂るの墓』って二本立てだったんですよ。
僕、映画が出来たあと、東京渋谷の映画館にそれを観に行ったんですよ。そしたら、偶然なんですけどね、宮崎駿の弟の一家が、そこに見に来てたんですよ。
「あ、どうも」ってやってたらね、『火垂るの墓』が終わった直後、その弟がですね、ばっと立ち上がって、僕のほう振り返って、「トシちゃん、これ完成してないんじゃないの?」って言われちゃったんですよ。あれは、ビックリしましたね。

 

プロデューサーとしての心がけ

中山:
今日はいろいろ話をうかがったわけですけど、鈴木プロデューサーが常に心がけていることって何ですか?

鈴木:
仕事としては、お金がかかるわけだから、それをなんとかして回収したい。
とんとんになれば良いと思ってるんですけどね。これが、僕の一番の仕事ですよね。

中山:
節約しよう節約しようっていうだけじゃなくて……

鈴木:
そうじゃなくてね、最終的には良いんですよ、才能があってねすごいもの作ってくれるなら。
そのためには、僕、いくらでもお金投入しようと思うんです。
で、すごいのが出来たとするじゃないですか、そしたらあとは僕の仕事だから。
それをね、多くの人に観てもらって、回収すれば良いんですから。

中山:
元手を減らすんじゃなくて、使っても良いけど回収すると。

鈴木:
減らしたら、その作品つまらなくなるでしょう?
やっぱり、僕もすごいのが観てみたいんですよ。
だから、『風立ちぬ』もね、宮さんが思いのたけをぶつけて、ちゃんと作る。それは楽しかったし。
それから、高畑勲も、そりゃ付き合ってくと大変ですよ? 大変だし、頭にもくるんですけど、作ってるものはすごいものだから、これは観てみたいんですよ。

映画を作るときにね、お金を使うっていうのは、一つの能力だと思うんですよ。
ようするに、能力がなければ、お金を使うことができない。
高畑監督にしても、宮崎駿監督にしても、お金をいくらでも使える能力を持っているんですよ。
ほっといたらいくらでも使うんですよ、ふたりとも。

中山:
鈴木さんは、10億使ったら、100億儲けようって思うわけですよね?

鈴木:
そういうことです。
だから、使えるなら使ってみろ、ですよね。

 

お金は大事。しかし、お金の奴隷になってはいけない。

鈴木:
僕が高校生のときに、あるドラマを見てたら、そのドラマでお金にまつわるあるセリフがあったんですよ。
僕は、その言葉を、今も覚えてるんです。

「お金は大事。しかし、お金の奴隷になってはいけない」

中山:
ということは、大事なお金だからこそ、使い方ということになるんですね。

鈴木:
そういうことですね。
みんなもそうしてください。

風に吹かれて
著者:鈴木敏夫
宮崎駿、高畑勲という二人の天才を支え続けてきた、 スタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫のすべて。 インタビュアー、渋谷陽一が名プロデューサーの足跡を辿り、その思想に迫る。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事



23 Comments

  1. ジブリの取り分は興行収入の25パーセントだから赤字になるんだよ

  2. あー、いいなあ。本当に羨ましい。相思相愛じゃないですか。誰か金を集めてくれ。絶対いいもの作るから。そしてその売り方は全部任せるから。

  3. 儲かってないんじゃなく、「儲かって利益が出たら、その分次の作品につぎ込む予算が増える」だけじゃないのか?

  4. アホくさ。DVDやグッズだけでも莫大な収益だろ。
    このおっさん上場でも狙ってんのか?

  5. 高畑さんの映画を作る資金を稼ぐための会社だからね。一息ついたので愚痴というか言い訳というか…

  6. 鈴木敏夫が語る、興収100億円を越えても採算ラインに届かないスタジオジブリの実情 « スタジオジブリ非公式情報サイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・風立ちぬ・かぐや姫の物語情報 @ghibli_worldさんから うんうん

  7. プロデューサーはお金集める人

  8. 鈴木:日本映画で、100億円の興行収入を上げた作品は8本しかない。そのうち5本が、宮崎駿の作品。/ なんと。

  9. “鈴木敏夫が語る、興収100億円を越えても採算ラインに届かないスタジオジブリの実情 « スタジオジブリ非公式情報サイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・風立ちぬ・かぐや姫の物語情報” http://t.co/YisBnaO0yw

  10. “「お金は大事。しかし、お金の奴隷になってはいけない」”キヨシローの歌みたい

  11. アニメの作り方おかしいんじゃないの?ディズニーにいって修行してこいや

  12. アニメは儲からない

  13. 一番の疑問はなぜ鈴木さんが最近になってこんな話をしだしたのかってこと。今までを総括しているように見えて、次のための初めの一歩なんだろうな。:鈴木敏夫が語る、スタジオジブリの実情 « @ghibli_worldさんから

  14. 鈴木敏夫は印象悪。

  15. 良い物作ってるんだからどんどん金儲けしてくれないと困る。業界のトップランナーならフォロワーが夢見れるくらい稼いでくれ。

  16. マーチャンダイジングは?

  17. 馬を川に連れて行くことは出来るが、無理矢理水を飲ませることはできない、と言って後進の育成を諦めたのが宮崎駿。

  18. #嫌儲 に媚びてるなあ。カネ回してるのと儲けてるのは*入ってくるカネ*を見たら一緒なんだが、やっぱり悪人だよね。

  19. ジブリは社員を300人抱えてるから、まんざら嘘でもなさそうだけど。
    100億までいけば赤字はないだろう。もし赤字だったらビジネスモデルとして破綻してる。

  20. ゲロゲロげろっぴ

    2013年11月14日 at 3:50 PM

    ほんとか?にわかには信じがたい。

    もし本当ならそんな愚かな企画をスポンサーがいくつも通すはずがない。トトロあたりとうに見切りつけられてると思います。

    鈴木さんは何を狙ってこんなことテレビでいってるの?自分の金のため?アニメーターの所得改善?

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑