ジブリ作品 原作本ジブリというと、オリジナルの映画を作っているイメージの人もいるかもしれませんが、大半の作品は原作を基に作られています。
そこで、スタジオジブリ作品の原作本をまとめてみました。
ジブリが主張していると思ったことも、原作に書いてあるじゃん、なんてこともあるものです。



映像化しているので、もちろんジブリ作品オリジナルのシーンなどもありますが、原作に元々あったメッセージをジブリが代弁していることも多いです。
改めて、映画との相違点を探してみるのも面白いと思います。

『風の谷のナウシカ』

風の谷のナウシカ宮崎駿監督自身が描いたマンガ版『風の谷のナウシカ』。
1巻から2巻までをベースに映画化されている。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『火垂るの墓』

火垂るの墓野坂昭如の同名小説が原作。
著者の体験をもとに綴られており、アニメにも負けない重みある小説となっている。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『魔女の宅急便』

魔女の宅急便 原作角野栄子の同名小説が原作。ジブリでは、1巻をアニメーション化。
原作のほうは、6巻まで続いており、キキとトンボは大人に成長している。
二人のその後が気になる方は、続きを読んでみては。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『おもひでぽろぽろ』

おもひでぽろぽろ 原作岡本蛍が原作、 刀根夕子の作画による同名漫画が原作。
映画版の大人になったタエ子は、高畑勲監督が考えたオリジナルのストーリー。原作では、子供時代だけ。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『紅の豚』

飛行艇時代宮崎駿監督が「月刊モデルグラフィックス」に連載していた『飛行艇時代』が原作。
漫画はショートストーリーとなっているため、映画オリジナルのシーンがほとんど。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『海がきこえる』

海がきこえる 原作氷室冴子の同名小説が原作。
1990年より「月刊アニメージュ」にて連載されており、挿絵をジブリの近藤勝也さんが担当。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『耳をすませば』

耳をすませば 原作柊あおいの同名漫画が原作。
ジブリで映画化する際に設定が変更されているので、少し違う印象を受けるかも。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『となりの山田くん』

となりの山田くん 原作いしいひさいちの同名4コマ漫画が原作。
映画のイメージそのままで楽しむことができる原作本。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『猫の恩返し』

バロン 猫の男爵宮崎駿監督からのリクエストで描かれた、柊あおいの漫画『バロン 猫の男爵』が原作。
『耳をすませば』と同様に、すこし映画とイメージは違うかも。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『ハウルの動く城』

魔法使いハウルと火の悪魔ダイアナ・ウィン・ジョーンズの『魔法使いハウルと火の悪魔』が原作。
映画では説明されていなかった設定などが、原作を読むことで解る部分もあるかも。
ちなみに、原作で戦争は描かれていない。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『ゲド戦記』

ゲド戦記 さいはての島へアーシュラ・K. ル=グウィンの同名小説が原作。
映画では、主に3巻の『さいはての島へ』を基に作られている。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『借りぐらしのアリエッティ』

床下の小人たちメアリー・ノートンの『床下の小人たち』が原作。
映画と比較すると、設定が多少異なる。原作の舞台はイギリスであり、少年とアリエッティの関係性も若干違うものを感じる。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『コクリコ坂から』

コクリコ坂から 原作佐山哲郎が原作、高橋千鶴の作画による、同名漫画が原作。
時代背景や物語の掲示方法など、違うところもあるけれど、主題はほぼ一緒。しかし、原作にカルチェラタンは登場しない。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『風立ちぬ』

風立ちぬ 菜穂子宮崎駿監督が描いた漫画『風立ちぬ』を原作としているが、ストーリーの骨格は、堀辰夫の書いた同盟小説が基となっている。
登場人物の設定などは違うけれど、同じ精神性を感じられる。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『かぐや姫の物語』

竹取物語日本最古の物語とされる、古典『竹取物語』が原作。改めて読み返すと、2時間を超える長編アニメーションとして作りあげた凄さが再認識できる。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『思い出のマーニー』

思い出のマーニー 原作ジョーン・G・ロビンソンの同名小説が原作。
心理描写が多く、感情移入しやすい小説。映画では北海道だったけれど、原作ではイングランド北東部ノーフォークの入江が舞台。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事