庵野秀明が語る『ナウシカ』と宮崎駿 – コミック7巻で『ナウシカ2』が作られる?

風の谷のナウシカ 7巻にわかに、ひっそり、穏かに『ナウシカ2』の話題がふつふつと盛り上がっていますが、実現するにしても、まだまだ先になりそうですね。
まず、庵野監督の『ヱヴァンゲリヲン』が完結するのが何年後なんだ、という話もありますが、宮崎駿監督が現役であるうちは、実現しないような気もします。



ジブリの永続性を望むジブリファンとしましては、『ナウシカ2』をエサに庵野秀明監督をジブリに誘い込み、三部作の長編という檻に閉じ込めて、新ジブリのスタイルを構築していくという筋書きを……、って、なんだか、バッシングを受けそうなので、この話は辺で……。

『ナウシカ2』が作られるのかどうかは分かりませんが、ナウシカがらみの話題で、「ジブリ汗まみれ」に庵野秀明監督が遊びに来たときの放送を文字に起こしました。
『風の谷のナウシカ』制作時の思い出話をするなかで、原作『ナウシカ』の7巻を庵野監督がべた褒めしています。

また、当初『ナウシカ』の絵コンテには、王蟲と巨神兵が戦うシーンがあったそうです。観てみたいですね。

 

巨神兵と王蟲が戦う絵コンテはすごかった

庵野:
昔、宮さんが塾を二馬力でやってたときに、一回行きましたね。
でも、宮さんって、なんかこう、自分が好きか、「こいつはいける!」っていう人じゃないと教えないじゃないですか。

鈴木:
そう。やっぱり、依怙贔屓なんだよね(笑)。

庵野:
依怙贔屓と、やっぱり基本的には自分の下駄が欲しいので。
自分の役に立ちそうな奴しか、労力を使わないですよね。

鈴木:
あはは。

庵野:
僕が『ナウシカ』のときに、色々教えてもらったのはそれだなあって(笑)。
巨神兵をこいつにやらせとけば、自分はそれを直す手間の分、ほかのことやれるっていう。それだと思いますね。

鈴木:
まあね。でも、だって、あれやってくれるだけで、すごいホッとするんだもん。

庵野:
うーん、でしょうね。だったと思います、いま考えれば。

鈴木:
でも、ラストシーンは『ナウシカ』良かったんですかね、あれで。

庵野:
映画はあれで良かったと思いますけど。

鈴木:
宮さんの最初の案は、とにかく王蟲が突進してきて、そこへ降り立つナウシカ。で、いきなりエンドマーク。
それで王蟲の突進は止まると。……これは困ったんですよ。

庵野:
いやー、轢かれないと困るでしょうね。

鈴木:
だから延々、僕ね、それこそ最後のほうコンテが出来たとき、高畑さんとふたりで阿佐ヶ谷の喫茶店で、8時間ぐらい、色々話したんですよ。これで行くのか行かないのかって(笑)。
それで、とにかく現状はいまある案。2つ目がナウシカが死んで、伝説の人になる。で、3つ目がね、死んだあと甦るっていう。それで最後さ、高畑さんがね、「鈴木さんどれが好きですか」って。

そりゃ、やっぱ甦ったらいいんじゃないですかねえって。「じゃあ」つってね、ふたりで宮さんのとこに言いに行くんですよね。いやー、判断が早くて。「ふたりで決めたんでしょ、じゃあそうします」って。考えないんだよね。

庵野:
あのとき見せてもらった、巨神兵と王蟲が戦うのは、見たかったですね。

鈴木:
アハハハ(笑)。

庵野:
あれ、かっこ良かったですよね。
僕は、全然描けなかったと思いますよ、あのコンテのままだったら。

鈴木:
でも、あの巨神兵はすごかったよね。

庵野:
まあ、宮さんだったら出来たんですね。
『ナウシカ』の途中で、最初に面接でお会いしたときには、ものすごく緊張したんですけど、段々それが解けて、ただのオヤジになっていったんで。普段アニメ作ると、宮さんってフィルターかけちゃうじゃないですか。

鈴木:
バランスとるんだよね。

庵野:
ええ、いい人っぽく。

鈴木:
そうそうそう。

庵野:
本当はそうじゃないじゃないですか。

鈴木:
そうそうそう、悪い奴だもんね。

 

『ナウシカ』の7巻は宮さんの最高傑作

庵野:
『ナウシカ』の打ち上げのときに言ってたんですよ宮さんが、「人間滅びてもいいじゃん」っていうの。

鈴木:
そうそうそう。

庵野:
『ナウシカ』の打ち上げのときに、最後のほうの、相当宮さんも飲んでたときに、スタッフのアニメーターの若い女の子が、ひとり食って掛かってて。
「人間が滅びてしまうじゃないですか、そんなの作っていいんですか」みたいなことを言ったときに、「人間なんてね、滅びたっていいんだよ! とにかく、この惑星に生き物が残ってれば、人間という種なんて、いなくなっても全然いいんだ!」っていうのを怒鳴ってるのを僕は横で聞いてて、この人すごいと、そのとき思ったんですね。
クリエイターとして宮さんが好きになった瞬間でしたね。人そのものに執着してないってのが根っこにあって、あれすごくいいですよね。

鈴木:
「もしかしたら、私達そのものが汚れかも知れない」、もうそのセリフ読んだときにね、ああこの人、人間よりあっちのほうが好きなんだって。

庵野:
『ナウシカ』の7巻は宮さんの最高傑作だと思いますね。まあ巨神兵のくだりは別にしてですね、宮さんの持ってるテーマ性っていうのが、あれに、すごくこう……。

鈴木:
集約されてる?

 
 
庵野:
集約されてるっていうか、もう原液のまま出してるわけですよね。本当に、本当はすごく、こう、アレな人なんですけど。

鈴木:
そう。あの、負の部分っていうのか。

庵野:
それがストレートに7巻には出ててよかったですね。『ナウシカ』の漫画にも色々出てますけども、7巻は特にそれが凝縮していて、いいですね。

鈴木:
『ナウシカ2』をやらせろって言ったのはいつなの?

庵野:
あれは……、『ラピュタ』のころだったと思いますけど。吉祥寺で言った覚えがあります、最初にね。

鈴木:
あれ、だけど俺、宮さんに真剣に庵野がやるならいいんじゃないですかって。俺はこう説得したんですよ、宮さんを。「3部作にしたらどうだ」って。そうするとね、多分2本目は、宮さんが書いてるように、ある種、殺戮の映画だと。で、第2部はそういうことでいうと、さあ、このあとどうなるんだろうという、そういう映画を作ればいいわけだから、庵野がやれば絶対面白くなると。で、その締め括りをね、宮さんが第3部でやったらいいんじゃないかって。いい説得でしょ。

庵野:
ハハハハ。

鈴木:
そしたら怒っちゃって。やめてくださいって(笑)。

庵野:
僕がやりたいのは7巻ですけどね。

鈴木:
じゃあ、最後じゃない。

庵野:
ええ。

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」
著者:宮崎駿
宮崎駿の名を広く世の中に浸透させた映画『風の谷のナウシカ』の原作コミック。宮崎駿の水彩画「トルメキア戦役」で彩った美麗な特製箱入り。
映像化されたストーリーは、このコミックスのおよそ2巻目まで。映画では語られなかった、その後の世界や、ナウシカの活躍を知ることができます。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事



1 Comment

  1. こんな興味深い経緯があったのですね。すごく面白い。
    ナウシカは僕が生まれた年に放映されて、初めて観たときからずっと好きで、忘れられなくて、大人になってから原作の漫画の事を知り運命的なものを感じていました。
    原作を初めて読んだ時、映画では深く語られる事のなかった人物や物語の背景が分かり嬉しかった。オームが念話をしたり映画のストーリーとの違いに少し戸惑い驚きも有りましたが、読み終わった時、あまりにテーマが深く心を揺さぶられ世界の意味や人の存在の意味について考えさせられ同時に教わったように思います。
    一生この作品の事を大切に語り継いで(知らない人におすすめ)行こうと思います。

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑