もののけ姫宮崎駿作品はそれぞれ独特な世界を構築しておりますが、別々の作品であっても、その作品同士がリンクしているのをご存知でしょうか。
例えば、『天空の城ラピュタ』のムスカは『未来少年コナン』のレプカの先祖で、『星をかった日』のルナは、ハウルの少年時代を描いているといった繋がりがあります。



このように、まったく別の作品であっても、裏設定として世界がリンクしているわけですが、『もののけ姫』もまた然り。

『もののけ姫』の制作現場を追ったドキュメンタリー『「もののけ姫」はこうして生まれた。』で放送され、有名になった話があります。

それは、映画のラストシーンで1匹だけ登場するコダマは、後のトトロに変化する設定で描かれているというもの。
この案を考えたのは、ジブリで活躍したアニメーターの故・二木真希子さんでした。

『「もののけ姫」はこうして生まれた。』のなかで、ラストシーンの打ち合わせをする宮崎監督は、このように語っています。

コダマがトトロに変化した

もののけ姫 コダマ

宮崎:
ちょぼちょぼの実に情けないね、禿げ山になるだけの話だから。そう思ってるんです。そこが大森林になるとか、そういうのは嘘だなっていう。そう簡単に回復したりしない。時間がかかることだって。せいぜい、荒地のさ、小灌木か草なんかがブワーっと、石ころと泥の中に生えてるような山容になるだけでね。
シシ神の池のところにも、似たように倒木だらけのなかに、ヒコバエが生えてるくらいの山に収まるっていうね。そういうことなんだな、って思うんだよね。

で、これはもう二木さんたっての希望で、チビで一匹で良いから、コダマがのこのこ歩いてるやつ入れてくれって。それが、トトロに変化したって(笑)。耳が生えていたってことにすれば、そうすると首尾一貫するんです。なんだか、わけわかんないけど(笑)

「もののけ姫」はこうして生まれた。
『もののけ姫』の製作現場を捉えた迫真のドキュメンタリー作品

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事