宮崎駿デザインのマスコットキャラクター&ロゴマークまとめ

宮崎駿デザイン マスコット・シンボル・キャラクター宮崎駿監督がデザインを手がけたマスコットキャラクターとロゴマークをまとめました。
先日、三鷹のキャラクター「POKI」が三鷹市の住民票に掲載されることがニュースになりましたが、宮崎監督はその他にも数々のキャラクターデザインにかかわっています。



日本テレビ マスコットキャラクター「なんだろう」

宮崎駿デザイン「なんだろう」
日本テレビ開局40周年を迎えた1993年1月から使われたマスコットキャラクター。
宮崎駿監督によれば、このキャラクターは「性別もない架空の生き物で、しいて言うなら、だれの心の中にもいる、好奇心や夢といったもののシンボル」とのこと。

 

神奈川県「かながわ・ゆめ国体」マスコットキャラクター「かなべえ」

スタジオジブリ制作「かなべえ」
1998年の国民体育大会(かながわ・ゆめ国体)の公式マスコットキャラクター。
スタジオジブリが制作したマスコットキャラクター。
宮崎駿監督によるデザインと周知されているけれど、ソースは今のところ見当たらない。

 

三鷹市 マスコットキャラクター「POKI」

三鷹のキャラクター「Poki(ポキ)」
2001年10月の「三鷹の森ジブリ美術館」誕生を記念して、宮崎駿さんが描いた三鷹のキャラクター。
公募により「POKI」と命名。

 

江戸東京たてもの園 マスコットキャラクター「えどまる」

宮崎駿デザイン「えどまる」
緑豊かな野外博物館のマスコットにふさわしい色をイメージし、虫をテーマに、宮崎駿さんが制作。

 

読売新聞 シンボルキャラクター「どれどれ」

宮崎駿デザイン「どれどれ」
2004年に創刊130周年を記念して、読売新聞のシンボルキャラクターとして宮崎駿さんが制作。
どれどれのキャラクターを元にジブリがCMを制作。そのCMから「どれどれの唄」という楽曲も誕生。

 

金曜ロードショーOP 映写機紳士


日テレの金曜ロードショーのオープニングで、映写機を回すはおじさんは、宮崎駿監督によるデザイン。
作画・演出は、近藤喜文さん。音楽は久石譲さんの「シネマ・ノスタルジア」。

 

中日ドラゴンズ公式ファンクラブ マスコットキャラクター「ガブリ」

宮崎駿デザイン「ガブリ」
1991年、映画宣伝用に自主的に作ったキャラクターを、球団創設70年にあたる2006年、ファンクラブ設立にあたり起用したもの。熱心な中日ファンである鈴木敏夫プロデューサーの橋渡しによって採用されることとなった。

 

小金井市 イメージキャラクター「こきんちゃん」

宮崎駿デザイン「こきんちゃん」
平成20年に市制施行50周年を記念して、小金井市の依頼により、宮崎駿監督がデザイン。

 

「白鬚のシュークリーム工房」イメージキャラクター

白鬚のシュークリーム工房
トトロのシュークリーム販売店、「白鬚のシュークリーム工房」のイメージキャラクターを宮崎監督がデザイン。
オープン時には、鈴木敏夫プロデューサーからも花輪が贈られたスタジオジブリ公認店。

 

日本アニメ(ーター)見本市 ロゴデザイン

宮崎駿デザイン「アニメ(ーター)見本市」
庵野秀明監督のスタジオカラーとドワンゴが贈る短編映像シリーズ、「日本アニメ(ーター)見本市」のロゴデザイン。
題字を宮崎駿監督が担当。彩色は鈴木敏夫プロデューサー。イメージキャラクターの「(ーター)くん」は庵野監督によるデザイン。

 

沖縄・球美の里 シンボルマーク

沖縄・球美の里 シンボルマーク
福島の子どもたちの保養施設、「沖縄・球美の里」のシンボルマークを宮崎監督がデザイン。
「自然の力を受けて、みんなで力を合わせて櫓をこいで進む」という意味が込められている。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事



2 Comments

  1. 久米島「球美の里」のロゴマークと
    白髭のシュークリーム工房のキャラクターも
    宮崎駿さんのデザインだと思います。

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑