『風立ちぬ』を1分で振り返る動画なんてものがありました。
なんなんでしょうか、これは(笑)。
『風立ちぬ』の主要部分だけ取り出すと、なんだか菜穂子と二郎は、感情の安定しない精神疾患でもありそうな話になっていますね……。



1分で振り返る『風立ちぬ』
子供のころから、美しい飛行機を作りたいと思っていた堀越二郎は、関東大震災に遭遇。
そこで、どっかのお嬢さんと女中を助け、名前もつげずに去っていきます。
なんだかんだで数年が経ち、飛行機の設計士となった二郎は、名古屋の会社に就職。
なんか変な夢を見たり、ドイツに留学したり、変な夢を見たりしているうちに、海軍の新型機の設計責任者に。
しかし、飛行試験は失敗。しょんぼりした二郎は、避暑地へ。
そこで、地震のときに助けたお嬢さん、菜穂子と再開します。
パラソルをキャッチしたり、紙飛行機を飛ばしたり。
変な外人と歌ったりしているうちに、発情してしまった二郎は、唐突に求婚。菜穂子も、まさかのオッケー。
しかし、菜穂子の身体は結核に冒されていたのです。
病気を治すために、高原の療養所に入った菜穂子でしたが、なんか寂しくなっちゃったのか、療養所を抜け出して、突然名古屋へ現われます。そのまま、なぜか、即結婚式&初夜。
ふたりは、一緒に暮らし始めます。
会社で、新たな戦闘機の設計を任された二郎は、ちょいちょい菜穂子とチュウをしつつ設計を進め、ついに完成。テスト飛行に向かいます。
しかし、その間に菜穂子は、家を抜け出して、どこかへ行ってしまいます。
新型機のテスト飛行は大成功しますが、いや~な予感がしている二郎。
果たして、ふたりの運命は?
なんだかんだあって、日本は戦争に負けましたとさ。
おしまい。

ジ・アート・オブ『風立ちぬ』
映画美術で描かれた大正と昭和の情景。イメージボードや背景美術、美術ボード、キャラクター設定画などを完成場面写真とともに掲載。アフレコ用完成台本も収録。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事