『巨神兵 東京に現る』製作の経緯は庵野秀明の思いつき

巨神兵 東京に現る『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q』の放送と合わせて、『巨神兵東京に現る』も放送されるようですね。
こちらの作品は、「館長庵野秀明 特撮博物館展」で上映するために企画された特撮短編作品です。『ヱヴァ Q』の劇場公開時にも、同時上映されていました。



確か、こちらの作品はオープニングでジブリのロゴが現れることと、「巨神兵:宮崎駿」とクレジットされていることで、劇場公開時は宮崎駿監督作品と勘違いされたりしていました。
しかし、企画が庵野秀明で、監督は樋口真嗣の作品です。「巨神兵:宮崎駿」のクレジットは、とても面白いですが、何もかかわっておりません。

「特撮博物館展」の開幕式で、『巨神兵東京に現わる』作成の経緯を、庵野監督と鈴木敏夫プロデューサーが話しています。

 

特撮映画の話が出てから宮崎駿に許諾を得るまで、5分程度で決まった企画

庵野:
『巨神兵 東京に現る』も、ぼくの思いつきで。パッと言葉が浮かんだんで、それを口にしただけなんですけど、そのまま思いつきが樋口監督のお陰で、素晴らしいフィルムになってまして。実際には、フィルムではなくてデジタルなんですけど、ほんとに素晴らしいものになってます。

鈴木:
誰が言い出したんだか。ほんとうは、新たに今の特撮の技術を使って、短くてもいいから映画を作ったほうが良いんじゃないかって。こんな話が持ち上がったんですよ。
この話が出たのが、ジブリの中で打ち合わせをしていたとき。それで、唐突に彼が(庵野)「巨神兵で作ったらどうか」と。
それで、「どういう内容なの?」と言ったら、「東京を破壊するんだ」ということになって。「じゃあ、『巨神兵 東京に現る』だね」と。
それで、ジブリの中で打ち合わせをしていたので、じゃあ、宮崎監督がいるから、そこへ行って許諾を貰おうよと。それで、二人でテクテクと、3分もかかんないんですけど、宮崎監督のとこに行って、「これこれ、こういうわけで、『巨神兵 東京に現る』って映画を庵野が作りたいっていうんですけど」って、宮崎駿に話したらですね、ハッと顔を見上げてね、「いいよ」って。ただ、ひとつだけ、「ナウシカはダメだよ、ナウシカは」って。たしか、こんないきさつで始まったと思います。
つまり、特撮映画を短くてもいいからやろう、って話が持ち上がって、宮崎駿から許諾を得るまで、たぶん、5分から10分くらいですかね。そのぐらいで決まりました。
この『巨神兵 東京に現る』、まだ宮崎駿に見せてないんですよ。ポスターは見せました。ぼくの部屋に貼っておいてね。彼はよく来ますからね。
で、どういう反応するかなと思ったら、最初のうちは気が付かないフリしてたんですよ。そしたら、3回目ぐらいに、ふっと横向いて、クスっと笑ったんで、「あ、デザインはこれでOKかな」と(笑)。
それで、問題は内容なんですよね。これ、なんで問題なのかというと、自分のものを他人に提供する。それが映像になるというときに、手を叩いて素晴らしいなんていう監督は存在しないんですよ。
監督というのは、たいがい「これは、違う!」と、頭にくるもんなんです。そんなことがあるもんですから、彼にどうやって見せようかと。

「特撮博物館」展示図録+別冊「巨神兵東京に現わる」パンフレット
豪華2冊セット

2012年7月10日~10月8日東京都現代美術館にて開催された「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」図録とジブリ短編映画「巨神兵東京に現わる」パンフレットの豪華2冊セットです。

≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事



1 Comment

  1. こんなの作る暇があったら、
    早くエヴァを完結させてほしい。

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑