ジブリ美術館のクリスマスを見に行ってきた

ジブリ美術館現在、ジブリ美術館では、毎年恒例となるクリスマス装飾が実施されています。
ジブリファンでありながら、クリスマス期間にはまだ行ったことがなかったので、今回初めて見にいって来ました。短編作品の『パン種とタマゴ姫』も観たかったので、ちょうど良い機会なのでした。



前回行ったときは、ギャラリーコーナーでは『思い出のマーニー』が展示されてましたけど、現在は『長くつ下のピッピ』になっています。
40年以上前に高畑勲監督や、宮崎駿監督がアニメ化を企画したときのイメージボードなどが展示されていました。

それから、現在BSプレミアで放送されている、宮崎吾朗監督の『山賊の娘ローニャ』の紹介もありました。ジブリ美術館の図書閲覧室・トライホークスでも、関連書籍が充実しています。

ジブリ美術館

さらに、「動きはじめの部屋」では、宮崎駿監督が新たに描いた「雲の道」と「ソレイユ」も展示されています。
12月分のチケットは、もう残り少ないですが、まだ未見の方はぜひ。
そんなわけで、美術館で撮ってきた写真を、いくつかご紹介します。

ジブリ美術館

ジブリ美術館チケット
クリスマス仕様の美術館チケット。フィルムは『猫の恩返し』でした。

ジブリ美術館
トトロのなんちゃんってエントランス

ジブリ美術館
紅葉と螺旋階段

ジブリ美術館
外から見たロボット兵

ジブリ美術館
美術館とクリスマスツリー

ジブリ美術館
哀愁を感じる背中

ジブリ美術館
「読める! 読めるぞ!」の石

ジブリ美術館
皆さん、飛行石をかざしているんでしょうか。傷だらけですね。

ジブリ美術館
『猫の恩返し』のSPが見張っています。悪いことできません。

ジブリ美術館
ニンマリ

ジブリ美術館
ジブリキャラであふれたステンドグラスの窓

ジブリ美術館
クリスマスツリー、綺麗ですね。

ジブリ美術館
帰り間際に一枚。夜のジブリ美術館。次は2月に行こうかな。

三鷹の森ジブリ美術館
三鷹の森ジブリ美術館の図録です。 宮崎駿のお話や、絵コンテ、美術館の写真など、大変ボリュームのある一冊です。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事



1 Comment

  1. こんにちは。
    動き始めの部屋の雲の道は新しいパノラマボックスの一つみたいなのですが、ソレイユはどういうものなのですか?

    最近、ジブリ美術館へ行ってないのですが、2016年5月の改修工事の後、動き始めの部屋ではフィルムぐるぐるとかその他含めて何か新しいものは増えましたか?

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑