Page 4 of 223

久石譲のアジアツアーを開催! ナレーターに鈴木敏夫も参加

久石譲ジブリ音楽でお馴染みになっている、久石譲さんのコンサート・プログラム「ワールド・ドリーム・オーケストラ」と「ミュージック・フューチャー」の、2017年の開催が発表された。
同プログラムは2014年以来、毎年夏と秋に開催されている恒例のコンサートとなっています。

つづきを読む

高畑勲・宮崎駿の名作『パンダコパンダ』公開45周年記念グッズが多数発売!

パンダコパンダ グッズベネリック株式会社から2017年5月より、『パンダコパンダ』グッズが販売されます。
本作は、原案・脚本・画面設定を宮崎駿さんが担当し、演出を高畑勲さんが務めています。2017年に公開45周年を迎えたことを記念したグッズ展開となります。

つづきを読む

『となりのトトロ』グッズから、ドンドコ踊りをするネジ巻おもちゃが発売

『となりのトトロ』グッズ どんどこ踊りベネリック株式会社から2017年5月より、スタジオジブリ作品グッズ、「となりのトトロ ねじ巻き トトロ」を全国のどんぐり共和国やオンラインショップなどで販売開始します。
大トトロの横にあるネジを手で回すと、リズミカルに傘を上下に動かしながら、ドンドコ踊りをする可愛いアイテムです。

つづきを読む

英語版『もののけ姫』の脚本家、ニール・ゲイマンが宮崎駿監督との仕事を語る

『もののけ姫』英語版 PRINCESS MONONOKEスタジオジブリの『もののけ姫』の英語版の脚本家を手掛けた、イギリスの作家ニール・ゲイマンが宮崎駿監督との交流を語りました。
ゲイマンが執筆した北欧神話と、アメリカの現代文化を合体させた小説「アメリカン・ゴッズ」が、オタク文化の最大イベントとされるコミコンなどのイベントで試写が行われ、大反響を呼んでいます。

つづきを読む

「ジブリの大博覧会」長崎展、来場者3万人突破!

ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~長崎歴史文化博物館で開催されている企画展「ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~」の入場者数が5月1日付けで、累計3万人を突破したことが発表されました。
3万人目となったのは、同市に住む4人家族。記念品として、トトロのぬいぐるみなどが贈られました。

つづきを読む

ササユリカフェの「二木真希子展」に行ってきた

「二木真希子展」in ササユリカフェ先日、東京・西荻窪のササユリカフェで開催されている「二木真希子展」に行ってきました。
二木真希子さんは、スタジオジブリで活躍したアニメーター。『風の谷のナウシカ』から、『思い出のマーニー』まで数多くの作品に参加し、ジブリ作品を支えました。

つづきを読む

宮崎駿のイメージボードも展示!「井上直久 絵画展」に行ってきた

井上直久 絵画展東京・池袋の東武百貨店で開催されている「井上直久 絵画展」に行ってきました。
同展は、4月27日(木)から開催されていて、29日(土)には井上さんによるギャラリートーク「イバラード式 陶彫制作法」も行なわれました。

つづきを読む

『メアリと魔女の花』Twitterキャンペーン開始!

メアリと魔女の花 Twitterキャンペーン『メアリと魔女の花』公開キャンペーンの一環として、全国の劇場に設置されているトリックアートスタンディで、”魔女写真”を撮影してTwitterで投稿すると、抽選で20名に『メアリと魔女の花』のオリジナルグッズが当たるキャンペーンが開始されました。応募締め切りは、7月7日まで。

つづきを読む

宮崎駿の新作長編、絵コンテはまだ20分だけ。2019年の公開は「できるわけない」

鈴木敏夫鈴木敏夫プロデューサーが、千葉の幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議 2017」に参加し、書道のパフォーマンスを披露。約20畳の大きなキャンバスに「まっくろくろすけ」を描きました。
イベントでは、記者の囲み取材に応じ、宮崎駿監督は現在、新作長編アニメーション映画の製作を始めており、絵コンテを描いていることを明かしました。

つづきを読む

宮崎駿の新作『毛虫のボロ』は7月公開! 鈴木敏夫P「久々に彼のすごいものを観た」

毛虫のボロ鈴木敏夫プロデューサーが、「ニコニコ超会議 2017」の「スタジオジブリ鈴木敏夫 言葉の魔法展」ブースに登場し、ジブリ美術館で上映するために宮崎駿監督が制作していた短編最新作『毛虫のボロ』の公開時期について「7月には観ていただける」とコメントしました。

つづきを読む



 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑