Page 267 of 303

男鹿和雄が描く、ヒロシマ・原爆

本日は8月6日です。ジブリ作品の背景美術でおなじみの男鹿和雄さんが描いた、広島の絵をご紹介します。男鹿さんは、女優の吉永小百合さんが企画を手がけ、ライフワークとして取り組んでいる、原爆を題材とした詞と文の朗読シリーズに挿絵を提供しています。
朗読の収録されたCD『第二楽章』は1997年に発売。文庫『第二楽章 ヒロシマの風』は2003年に発売されています。

つづきを読む

『風立ちぬ』興行ランキング3週連続1位

『風立ちぬ』の興行ランキングが3週連続1位となりました。すごい勢いですね。

宮崎駿監督のネームバリューと、大人向け作品による客層の広がりが大きいんでしょうか。

つづきを読む

『かぐや姫の物語』11月23日公開?

高畑勲監督『かぐや姫の物語』「イオンシネマ」のサイトに、『かぐや姫の物語』の公開予定日が出ました。
2013年11月23日のようです。東宝のサイトでは、まだ発表されていないので、変更の可能性もあるとは思います。ですが、延期の場合は既に告知されていると思うので、11月までには公開されると思っています。
『夢と狂気の王国』も11月公開予定のようなので、同時期の公開となりそうですね。

つづきを読む

8月2日放送の『天空の城ラピュタ』視聴率は18.5%

8月2日放送の『天空の城ラピュタ』の平均視聴率が18.5%を記録したことが発表されました。
14回目の放送なのに、すごい高視聴率ですね。一年半前の視聴率を上回っています。新作が劇場公開中であることと、「バルス祭り」で煽った影響でしょうか。すごいですね。

つづきを読む

謎の少女は、『路上の人』の登場人物?

もう、とっくに既出でしょうか。イオンシネマのジブリの壁画に現われた、謎の少女は、堀田善衞原作の『路上の人』の登場人物と思われます。
壁画のイラストは、おそらく米林宏昌監督が描かれたもの。
2014年公開作品として、今年の年末あたりに告知されるんじゃないかと予想しています。

つづきを読む

「バルス」のおもしろ画像

今回の「バルス」騒動で、いろいろなバルス画像が作られていることが明らかになりました。
そのなかの、画像を数枚ピックアップしました。
皆さん、「バルス」で遊んでいますね。

つづきを読む

『夢と狂気の物語』の公開は11月(予定)

スタジオジブリが舞台のドキュメンタリィ映画、『夢と狂気の王国』の公開が11月であることが、先日の「バルス祭り」のニコ生で明らかになりました。
監督である、砂田麻美さんが出演した際に、ポロっと話していました。11月の何日かは不明です。
このことから推測すると、『かぐや姫の物語』の公開は10月ということになるのでしょうか。

つづきを読む

石井朋彦がスタジオジブリで学んだこと

東洋経済オンラインに、石井朋彦さんのインタビューが掲載されています。
石井朋彦さんは、以前スタジオジブリに務め、鈴木敏夫プロデューサーの下で働かれていた、お弟子さんのような方。現在は、プロダクションIGに移籍後は、押井守作品と神山健冶作品でプロデューサーをしています。
インタビューで語っている、鈴木さんのアドバイスと、世代間の傾向についての話が面白いです。

つづきを読む

「バルス」のツイートは143,199件

昨夜の「バルス」ツイートの記録が、Twitter公式アカウントより発表されました。

「昨日の「バルス」の記録がでました。ツイート数のピークは主人公が「バルス」と発したのとほぼ同じタイミングで日本時間の午後11時21分50秒、ツイート数は143,199TPSで、これまでの最高である今年の「あけおめ」の33,388TPSを大幅に上回っています」@TwitterJP

つづきを読む

Yahoo!も参加したバルス祭り

昨夜の『天空の城ラピュタ』放送に合わせた「バルス祭り」では、Twitterも公式に「バルス」ツイートを公認にするなど、盛り上がりをみせていましたが、「Yahoo!」も独自に「バルス祭り」に参加していました。
昨夜の23時22分頃、ヤフーのトップページに、突如「バルス」のバナーが出現。

つづきを読む



 

© 2018 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑