Page 240 of 253

『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』11月3日から新潟県立近代美術館で開催

「借りぐらしのアリエッティ」の世界を立体的に再現した「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」が11月3日から、新潟県立近代美術館で開催されます。

小人たちが生活に必要な物を人間の家から借りてきて、暮らしている。そして、ひっそりと、一所懸命に生きる。映画に描かれた暮らしぶりが、種田陽平の手によって、展示室に出現します。魅力に溢れたその世界に直接触れ、小人になった気分で、物語の中に入り込めるまたとない機会です。

展覧会では種田陽平がこれまでに手掛けた映画美術の資料や、「借りぐらしのアリエッティ」の背景画なども展示されます。

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展 – TeNY
http://www.teny.co.jp/karigurashi/

新潟県立近代美術館
http://www.lalanet.gr.jp/kinbi/

新潟県立近代美術館 – アクセス
http://www.lalanet.gr.jp/kinbi/guide/access.html

スタジオジブリで観ている映画と読んでる本

10月7日に開設された、『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』の公式Twitterアカウント(@renga_ya)では、スタジオジブリのスタッフさんや鈴木敏夫さんが観ている映画と読んでいる本が紹介されています。
10月分を一覧にしてみました。

鈴木さん流の映画の見方と合わせて、鑑賞してみては如何でしょう。

つづきを読む

宮崎駿が若手時代に行なった演出修業と映画の見方

若手時代の宮崎駿「ジブリ汗まみれ」の柊瑠美さん出演の回で、鈴木さんによる映画の見方と、若い頃の宮さんが行っていた演出修業の内容を語っています。演出志望の方や、そうじゃない方も、参考にしてみては如何でしょうか。
いろいろな視点から見るようにすると、またジブリ作品も違ったものが見えてくるかもしれませんね。

つづきを読む

ジブリのペーパークラフトいろいろ

『千と千尋』の街並みの“看板建築”がペーパークラフトで発売されますが、『油屋』は作られていないのだろうかと思って調べてみたら、個人で作っておられる方を見つけました。
フィギュアは、よく個人で作っている人を見かけますが、ペーパークラフトもおられるのですね。
本編を何度も見返し、書籍から構造を推測して作っていかれたのだとか。凄いです。

つづきを読む

『千と千尋の神隠し』の街並み、ペーパークラフトで発売

『千と千尋の神隠し』の街並みが、ペーパークラフトになって発売されます。
ジブリのペーパークラフトは、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『ハウルの動く城』に続いて、第四弾です。
『千と千尋』では、物語導入部分の、看板建築の商店街が発売されます。千尋のお父さんとお母さんが、ブタになった場所ですね。

つづきを読む

ジブリのプランター一覧

ジブリグッズというと、ぬいぐるみや雑貨が人気かもしれませんが、ジブリのプランターはなかなか作りの良いものが多くてオススメです。

インテリアとして飾るだけでも画になりますし、ガーデニングをされている方は、庭やベランダ等にジブリの小世界を作ってみてはいかがでしょうか。

つづきを読む

横浜の相鉄ギャラリーで、「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」開催

横浜の相鉄ギャラリーにて、「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」が開催されています。

会場では、児童文学を愛読するアニメーション映画監督の宮崎駿さんが、数百冊の同文庫から選んだ50冊と、直筆の解説を展示。昨年公開されたスタジオジブリのアニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作「床下の小人たち」や「三銃士」、「ふしぎの国のアリス」などおなじみの作品が並んでいる。

来場者の中から抽選で30人に、宮崎さんの推薦文をまとめた非売品のスタジオジブリ特製ミニ本(縦約9センチ、横約6・5センチ)をプレゼントする企画も行われている。希望者は、会場の応募箱に、専用の応募用紙で申し込む。

午前11時~午後4時。月曜休館。入場無料。11月13日まで。

相鉄ギャラリー
http://www.sotetsu.co.jp/service/gallery/

相鉄ギャラリーの場所
http://www.sotetsu.co.jp/service/gallery/access.html

『スケッチトラベル』を追ったドキュメンタリー、WOWOWで放送

11月18日、『スケッチトラベル』のドキュメンタリーが、WOWOWで放送されます。

2011年10月、ベルギー・ブリュッセルにて、一冊のスケッチブックがチャリティ・オークションにかけられる。それには、世界的に有名な絵本作家、イラストレーター、漫画家ら71人による直筆のオリジナル作品が描かれている…。このスケッチブックを出品するのは、アーティストの堤大介。2006年に「スケッチトラベル」のプロジェクトを立ち上げ、世界中のアーティストに依頼をし、作品を描いてもらってきた。堤をこのプロジェクトに駆り立てたものとは…?4年半の“旅”の間に紡がれた物語を追う。

スケッチトラベル~「トイ・ストーリー3」を作った男が生んだもう一つのストーリー
11/18(金)よる10:00
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/066629/

日本では公開できない幻の作品『黒澤 その道』に宮崎駿が出演!

日本では公開できないドキュメンタリー作品『黒澤 その道』に、宮崎駿監督が出演しています。

24日、六本木ヒルズを中心とした会場で開催されている第24回東京国際映画祭にて、「巨匠へのオマージュ」として特別上映中の映画『黒澤 その道』のカトリーヌ・カドゥー監督が登壇し、黒澤明監督との思い出やエピソードなどを語り、観客からの質問にも笑顔で応じた。

映画『黒澤 その道』は、マーティン・スコセッシ、ベルナルド・ベルトルッチ、宮崎駿、クリント・イーストウッドら、世界の巨匠とうたわれる11名の監督が、黒澤作品の魅力を語るドキュメンタリー。

カドゥー監督は、翻訳家の第一人者として活躍しているが、いざメガホンを取るにあたって、「ものすごく勇気がいった」そう。「映画を作りたい、わたししか作れない映画を作る、というところから勇気が沸いてきた。わたし自身、なぜ黒澤先生が全世界に愛されているのか、また理解されているのかを知りたくて作りました。『わたしがやらねば』と思った」と情熱的に語った。その結果、「この映画を撮ったことで、黒澤先生の死からやっと立ち直れた」という。

残念ながら、日本では権利の問題で上映できず。フランスでは、9月30日にCINE+Classicで放映が決まっています。

宮崎駿&スコセッシ&イーストウッドら出演の『黒澤 その道』、制作理由をカトリーヌ・カドゥー監督が明かす!
http://www.cinematoday.jp/page/N0036367

尾田栄一郎と鈴木敏夫が惚れこむ『次郎長三国志』DVD化

10月28日より、「次郎長三国志」のDVDボックスが発売されます。
この「次郎長三国志」のジャケットイラストを、尾田栄一郎さんが描き下ろしています。
そして、題字は尾田さんの希望で、鈴木敏夫さんが手がけました。

つづきを読む



 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑